【リピーターを呼ぶお土産、強さの秘訣:1】イカ天瀬戸内れもん味 画像 【リピーターを呼ぶお土産、強さの秘訣:1】イカ天瀬戸内れもん味

インバウンド・地域活性

 もともとは期間限定商品として販売されたものを定番化。発売からわずか2年で400万袋を売り上げたのが、まるか食品の「イカ天瀬戸内れもん味」だ。

 イカ天といえば酒のつまみとして食される珍味として、いわゆるおじさんの食べ物とされてきたもの。それが、今回は女性を中心に全国的な大ヒットとなっている。それは、一体なぜなのだろうか? まるか食品 営業部 松枝修平氏に聞いてみた。

■女性目線でおつまみからの脱却

 そもそも、広島県が生産量日本一のレモンを大々的に売り出したいという企画と相まって、2013年に夏限定商品として発売された「いか天瀬戸内レモン風味」。瀬戸内レモンを使っていることから、地域性のあるものしか置かない土産物屋で、イカ天として初めて扱われることになったという。

「おつまみは通常、お花見、お盆、年末年始が売上のピークを迎えます。まるか食品ではそれら以外の時期の売上対策として、期間限定の味の商品を年に3回出しています。なので、この商品も8月で販売が終了したのですが、土産物屋さんから継続販売の依頼が来ました。お土産としてかなり評判が良かったんです」

 土産物屋で売るなら土産物屋に聞こうと、どんなお客さんが買ったかをリサーチすると、なんと観光で来ている若い女性がよく買っていた。そこでターゲットを女性に絞り込み、女性だけの開発チームが、彼女らの目線で商品の定番化を担当することになる。

 とはいえ、瀬戸内レモンをリアルに再現したという味そのものについては、特に手を加えることはなかった。本来のイカ天は旨辛味。そこが女性からは敬遠される理由となっていたが、製品ではレモンの酸っぱさを強くし、イカ天の持つ油っこいイメージを消している。そのサッパリとした女性好みの味となり、食べ飽きないと好評となっていた。

 では、定番化に向けて何を改良したのか。具体的には女性が食べることにこだわり、サイズは5分の1に変更。これで女性がひと口で食べられるようになり、職場でも外でも場所を選ばず食べられる商品となった。

 さらに、パッケージもパステルカラーを使い、女性が手に取りやすいかわいいものにリニューアルしている。チャックを付けて食べ切らなくてもいいようにし、サイズもバッグに入れやすいようにと、これまでより少し小さい袋に。これは、女子会などに持ち寄ってもまったく違和感のないようにという意図で、このような女性開発チームならではの意見が次々と取り入れられたという。

《板谷智/HANJO HANJO編集部》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. “「ななつ星」の産みの親”JR九州・唐池恒二会長が語る「ビジネスと『気』」

    “「ななつ星」の産みの親”JR九州・唐池恒二会長が語る「ビジネスと『気』」

  2. 「高校野球」はなぜ、日本最大の人気コンテンツになりえたのか?

    「高校野球」はなぜ、日本最大の人気コンテンツになりえたのか?

  3. 【地方発ヒット商品の裏側】海外アパレルも注目する世界一薄いシルク「フェアリー・フェザー」

    【地方発ヒット商品の裏側】海外アパレルも注目する世界一薄いシルク「フェアリー・フェザー」

  4. 武蔵小金井駅南口再開発、総延べ約11万平方メートルのツインタワービル建設

  5. 日本武道館、増築・改修へ実施設計着手/20年東京五輪で柔道、空手の試合

  6. 熊本桜町地区の大規模再開発、大型MICEのほかシネコンも

  7. 東芝大阪工場跡開発、スマートコミュニティ構想実現へ

  8. 和歌山市駅前再開発、ホテルや図書館も

  9. 飯田橋駅を改良工事、ホームの隙間など安全対策

  10. 横浜スタジアムの増築改修、オリンピックを踏まえ6000席増設へ

アクセスランキングをもっと見る

page top