札幌市が4街区の土地利用方針を検討へ。ニトリ文化ホールやNHK札幌放送局跡地 画像 札幌市が4街区の土地利用方針を検討へ。ニトリ文化ホールやNHK札幌放送局跡地

インバウンド・地域活性

 札幌市は9日、「大通西1丁目、北1条西12丁目を中心とした市有地の土地利用方針検討業務」の委託先を選定するプロポーザル手続きを開始した。市有地と民有地の合計約4・8ヘクタールについて、市が整備を予定している施設の建設地としての観点などから土地利用方針を検討する。
 31日までまちづくり政策局政策企画部都心まちづくり推進室都心まちづくり課で持参か郵送による参加申込書と企画提案書の提出を受け付ける。6月1日の書類審査で3件程度に絞り、同6日に行うヒアリングを経て、月内にも委託先を決める予定。業務規模は1500万円程度。
 同市の競争入札参加資格がある単体かグループが参加できる。グループの場合は代表者と契約を結び、残りの構成員は協力会社となる。業務の履行期限は17年3月17日。
 業務では、中央区北1西12、13丁目と大通西1、2丁目にある四つの街区について土地利用方針を作成する。各街区の面積は1・2ヘクタール程度。市では国際会議や展示会が開催できるMICE施設や博物館、エネルギーセンターなどの新設を検討しており、対象街区にある既存施設の再整備に伴う、これら施設の整備可能性を探る。市役所が立地する大通西2丁目では、広場機能の導入に向けて複数の検討案を作成し概算整備費を算出する。
 対象街区のうち北1西12丁目には市立ニトリ文化ホール、北1西13丁目には市立教育文化会館が立地。ニトリ文化ホールは18年度の閉館を予定しており、跡地利用の検討が必要となっている。いずれも用途地域は商業地域に指定されており、建ぺい率80%、容積率400%が上限。
 大通西1丁目にはNHK札幌放送局と市民ホールがあり、このうち敷地の半分に当たる市民ホール部分のみ市有地となっている。NHK放送局は移転改築を予定しており、市は移転後の21年度に現放送局の敷地を取得する予定。
 大通西2丁目には市役所があり、耐震性能不足や老朽化が進行していることから改築を含めた再整備を検討している。大通西1、2丁目の用途地域は商業地域に指定されており、建ぺい率80%、容積率800%が上限。

札幌市/4街区の土地利用方針検討へ/ニトリ文化ホールやNHK札幌放送局跡地対象

《日刊建設工業新聞》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. <シリーズ> 陶磁器産業復活のシナリオ(事例・常滑編)

    <シリーズ> 陶磁器産業復活のシナリオ(事例・常滑編)

  2. 横浜スタジアムの増築改修、オリンピックを踏まえ6000席増設へ

    横浜スタジアムの増築改修、オリンピックを踏まえ6000席増設へ

  3. 「完全個室」超豪華高速バス競争が勃発、各社の戦略は?

    「完全個室」超豪華高速バス競争が勃発、各社の戦略は?

  4. 近大医学部、付属病院、堺市への移転計画/健康・医療分野の民間投資を促進

  5. 【地方発ヒット商品の裏側】ベルサイユ宮殿の晩餐で使用された「ぎやまん陶」とは?

  6. 幕張新都心若葉住宅地区の開発第2弾、1万人規模の街づくり

  7. 斜陽産業に光! 多治見タイルのコト戦略

  8. 狙え、インバウンド需要! ホテル業界の事業戦略を追う

  9. 「コナミクリエイティブセンター銀座」、スマホ向けゲームの開発拠点に!

  10. 造幣局東京支局跡開発、大学を誘致する方針

アクセスランキングをもっと見る

page top