【時事エッセイ】ロボットと共生する社会はすぐそこに 画像 【時事エッセイ】ロボットと共生する社会はすぐそこに

IT業務効率

 神奈川県が「ロボットタウン相模2028」と題したアニメーションを制作した▼人工知能を搭載した生活支援ロボットや、災害現場で捜索を行うレスキューロボットなどが活躍する未来社会を描いている。同県中央部は「さがみロボット産業特区」に位置付けられており、そのPRの一環だ▼同特区のスローガンは「ロボットで支える県民のいのち」。高齢者の見守りはもちろんのこと、災害現場での無人作業による早期復旧も市民の安全・安心に直結する話だ。命を守ることを主軸にしながら、生活利便性を高め、経済成長にもつなげていく。そういう文脈で考えると、公的資金を積極的に投入する意義もより理解されやすくなるのだろう▼建設産業でも「i-Construction」が大きなうねりになってきた。「設備投資やリース料が心配」「難しそう」…。業界には不安があることも事実だが、生産性向上は待ったなしの課題であり、前に進むしかない▼5年後、10年後の変化した現場の姿を想像して描き、広く発信していく。そうした取り組みも、弾みをつける大きなきっかけになるのではないか。

回転窓/近未来のロボット社会

《日刊建設工業新聞》

編集部おすすめの記事

特集

IT業務効率 アクセスランキング

  1. 売上1億円のカベ、10億円のカベってなに?(続編)

    売上1億円のカベ、10億円のカベってなに?(続編)

  2. ~中小工場のIoT化最前線:2~LCCを実現、武州工業の戦略とは?

    ~中小工場のIoT化最前線:2~LCCを実現、武州工業の戦略とは?

  3. ~シェア経済が生む新ビジネス:1~バッグを共有する世代の登場

    ~シェア経済が生む新ビジネス:1~バッグを共有する世代の登場

  4. 3Dプリンターが物流を変える!?

  5. 野菜農家のクラウドファンディング術

  6. 外食業界、“国産路線”が絶好調!安全性、季節感が受ける

  7. ~動画PRの成功術:1~プロに学ぶ成功への5つのプロセス

  8. ゲーム上で“収穫”すれば本物ゲット! スマホで仮想農業体験/特産PRへ新手法

  9. 動くのは人ではなく「棚」のほう!MonotaROが無人搬送車で物流改革

  10. 【3Dプリンターと製造業:2】試作を超えた中小の活用術

アクセスランキングをもっと見る

page top