暑い!今年は大玉スイカが絶好調!! 画像 暑い!今年は大玉スイカが絶好調!!

制度・ビジネスチャンス

 大玉スイカの販売が好調だ。5月上旬(9日まで)の価格は平年(過去5年平均)を2割上回る。大型連休に25度を超える夏日になった地域が多く、スーパーが売り込みを強めたためだ。連休明けも、かんきつなどの不足を補おうと、スイカへの引き合いが強く、卸売会社は「5月中は平年と比べ高値が続く」とみる。
 5月上旬の日農平均価格(各地区大手7卸のデータを集計)は1キロ262円で平年を18%上回る。販売量は1638トンで9%多い。卸売会社は「気温高で例年よりスーパーの動きが早い。スイカを売り込む店が多く、潤沢な出回りも需要が鈍らない」と話す。

 主力産地のJA熊本経済連は「3、4月に好天が続いたため作柄が良く、潤沢な出荷となっている」と説明。熊本地震による出荷などへの影響は、既に解消したという。

 首都圏で90店舗を展開するスーパーは、例年よりスイカの売り場を広げる。中心は6分の1カットで498円で販売する。「平均気温が高い地域を除けば、通常は品ぞろえ程度だが、広い範囲で気温が25度まで上昇したため対応した」と話す。

 急きょ売り場を広げた別のスーパーも「特に大型連休中は汗ばむ陽気で売れ行きが良かった」と指摘する。

 千葉産の出回りも今週から始まった。熊本産は「出荷の谷で一時的に数量が減る」(熊本経済連)ため、大幅な増量は見込めない。

 卸売会社は「スーパーでは、今後も旺盛な需要が続く。5月中は好調相場が続きそうだ」とみている。

大玉スイカ好調 気温高く売り込み強化

《日本農業新聞「e農net」》

編集部おすすめの記事

特集

制度・ビジネスチャンス アクセスランキング

  1. ~あたらしい訪問型ビジネス:2~美容サロンが育児ママを救う!

    ~あたらしい訪問型ビジネス:2~美容サロンが育児ママを救う!

  2. 野村不動産、東芝青梅事業所跡開発/売却額は100億円

    野村不動産、東芝青梅事業所跡開発/売却額は100億円

  3. 国交省が交通誘導警備員を直接工事費に。実績とかい離、計上方法見直し

    国交省が交通誘導警備員を直接工事費に。実績とかい離、計上方法見直し

  4. なぜスーパーホテルは2度も「日本経営品質賞」を受賞できたのか? その秘密を探る

  5. earth music&ecologyが顧客満足1位……その理由は?

  6. ~外国人技能実習生:1~受け入れを検討するタイミングはいま!

  7. 主要ゼネコン26社/17年3月期決算/最高益更新相次ぐ、全社が増収見込む

  8. 日建連/建設業ハンドブック2017作成/売上高営業利益率が4年連続上昇

  9. 国交省が公共建築積算一般管理費率を見直し。中規模で予定価格2.6%上昇

  10. 売上1億円のカベ、10億円のカベってなに?

アクセスランキングをもっと見る

page top