野菜“麺”に女性が注目。家庭で簡単調理! 画像 野菜“麺”に女性が注目。家庭で簡単調理!

IT業務効率

 薄く切ったズッキーニやキュウリなどを麺のように食べる「ベジヌードル」「ベジパスタ」が、野菜の新しい消費スタイルとして注目されている。麺を食べる感覚で、カロリーを抑え、野菜もたくさん取れる――と、健康志向の高い女性が関心を示す。大手食品メーカーは自社の総菜店で販売を開始。家庭で簡単にベジヌードルが作れる専用のカッターは、欠品するほどの人気だ。料理サイトでも特集が組まれるなど、これから夏に向け冷製パスタやそうめんに並ぶ、新たな“主食”になりそうだ。
 カゴメ(名古屋市)が4月、東京・渋谷に期間限定でオープンした総菜店は、ベジヌードルを看板商品にする。ズッキーニを中心に水菜やアスパラガスを使った「グリーン」と、ニンジンやトマト、パクチーを使った「オレンジ」の2種をそろえた。

 見た目はパスタそのもの。容器に入ったベジヌードルをフォークや箸で巻き取る食べ方も一緒だ。口に入れると、麺のような弾力はなく、“シャキシャキ”とした野菜の歯応えがある。

 価格はそれぞれ420円と一般的なカットサラダと比べ割高。それでも「彩りが華やか」「野菜を楽しく食べられる」と、20~40代の女性が多く購入するという。同社は「新たな野菜の楽しみ方として関心は高い」と期待する。

 ブームの兆しは既に現れている。もとは米国で美を意識する女性の間で大流行。日本国内で人気に火をつけたのが、自宅で簡単に調理ができるという専用器具の開発だ。

 先行する米国の調理器具メーカーOXO(オクソー)は、昨年10月から専用カッターの販売を日本で開始。2400円(税別)と高価ながら、販売代理店での欠品が相次ぐ。同社は「インスタグラムなど画像共有アプリへの投稿が多く、おしゃれな食べ物として認識された」と話す。

 日本最大の料理レシピサイト「クックパッド」には、ズッキーニやダイコン、ニンジンを麺に使ったアレンジレシピの投稿が今年に入り相次ぐ。同社は「ダイエット中の人の心もおなかも満たされる」と、女性を中心とした根強いダイエット志向を人気の要因に上げる。

 3月には同サイト内で「ベジパスタ」を特集に取り上げた。「オリーブオイルのソースでパスタのように食べるだけでなく、夏場には冷たいサラダもできる。今後もレシピの露出は増えるだろう」とみる。

野菜“麺”女性が注目 家庭で簡単調理 食品大手が商品化

《日本農業新聞「e農net」》

編集部おすすめの記事

特集

IT業務効率 アクセスランキング

  1. カナモトら3社、建機の人型操作ロボット開発! 危険地域でも作業可能に

    カナモトら3社、建機の人型操作ロボット開発! 危険地域でも作業可能に

  2. 「コーヒー界のグーグル」が起こす、IT目線の生産性革命(前編)/ABC

    「コーヒー界のグーグル」が起こす、IT目線の生産性革命(前編)/ABC

  3. 【IoTツール最新事情:前編】本音で語る、中小企業のイチオシとは?

    【IoTツール最新事情:前編】本音で語る、中小企業のイチオシとは?

  4. 山梨市を巨大“実験場”に、ブドウ園に環境センサー、果樹ICT化構想スタート!

  5. 米国でくら寿司が快進撃を続ける理由

  6. 【商売を大逆転させる、スマート決済!】“フィンテック革命”を小売り店に~Square、PayPalの事例から~

  7. ~シェア経済が生む新ビジネス:1~バッグを共有する世代の登場

  8. すばらしきドローン 現場はこう変わった!(建設会社編)

  9. サービス業のIT利用最前線!10 異文化を乗り越えるインバウンド民泊力/チャプターエイト

  10. 君津市に全国最大級のドローン飛行場/アイネットら4者、ドローン事業包括受注へ

アクセスランキングをもっと見る

page top