運転手不足を解消する農作物のパレット輸送、回れる市場増える 画像 運転手不足を解消する農作物のパレット輸送、回れる市場増える

IT業務効率

 ホクレンは、トラック運転手不足への対策として、農産物を木製パレットに載せたまま輸送する方法を北海道内JAに広めている。トラックに積む際、人手で積み降ろしをするより大幅に省力化できる利点がある。トラックが回れる市場が増える他、長期的な運転手確保にもつながるといった効果が期待できる。
 農産物をパレットに載せたままトラックに積む場合、フォークリフトで荷積みと荷降ろしができる。人手で積み降ろしを行うより作業時間は2分の1から3分の1と、大幅に短くできる。ホクレンによると、道内では手積み・手降ろしでの輸送が多い。

 パレットは、市場での回収システムを持つ日本パレットレンタル(東京都千代田区)の製品を活用する。木製で縦横1.1メートル。20トントレーラー1台に20枚積むことができる。パレットは、荷物を降ろした後に市場で保管され、同社が回収、再利用する。

 JAようていは2015年度から、トラック輸送するジャガイモを、本格的にパレット輸送に変えた。関東の市場を中心に年間1万8000トンを運ぶが、利用割合はそのうち8割。運送業者による市場での荷降ろし時間が短縮できたため、回れる市場が1カ所増え3市場になったという。

 ホクレンによると、15年度にはJAきたみらいやJAえんゆう、JAところなどでも、タマネギの輸送でパレット輸送を導入。同年度の出荷枚数は道内で約7万枚と、前年度の1.6倍に増えた。十勝地方などでも導入を検討するJAがあり、道内各地で利用の機運が高まっているという。ホクレンは「パレット輸送の導入を進め、安定した輸送力を確保していきたい」と強調する。

農産物 パレット輸送で楽々 運転手不足を解消 回れる市場増える  ホクレン

《日本農業新聞》

編集部おすすめの記事

特集

IT業務効率 アクセスランキング

  1. 米国でくら寿司が快進撃を続ける理由

    米国でくら寿司が快進撃を続ける理由

  2. ドローンで野生鳥獣の生息数調査、赤外線で体温感知

    ドローンで野生鳥獣の生息数調査、赤外線で体温感知

  3. 【3Dプリンターと製造業:1】経費削減から自社ブランドの可能性まで

    【3Dプリンターと製造業:1】経費削減から自社ブランドの可能性まで

  4. お堅い独立行政法人がバズる動画を作るまでの物語

  5. トヨタの考える次世代タクシーとは? 今年発売予定

  6. 最新の低騒音型ボーリングマシン、人員削減も

  7. ~シェア経済が生む新ビジネス:1~バッグを共有する世代の登場

  8. 「Staple Pulse for HANJO HANJO」をご利用のお客様へ

  9. 【HJ HJ EYE:4】中小企業の未来を変えるフィンテック

  10. ~定額制ビジネスに勝算あり:3~少子化の今こそ子どもにフォーカス!

アクセスランキングをもっと見る

page top