母の日なのにカーネーションが品薄!? 画像 母の日なのにカーネーションが品薄!?

制度・ビジネスチャンス

 「母の日」(8日)を控え、カーネーションが品薄高だ。出回りの半数以上が輸入物の中、品質に不安定な中国産が多く、その分、天候不順で生育遅れがある国産への引き合いが強まっている。今年は「母の日」が大型連休最後に重なるため、間際まで取引は活発とみられている。
 2日の日農平均価格(各地区大手7卸のデータを集計)は、中心のスタンダードで1本86円と前年を9%上回った。卸売会社は「定番の赤、ピンク、複色系の引き合いが強い」と説明。スプレイは79円で10%高かった。それぞれ合わせた販売量は120万本と前年を16%下回った。「4月下旬からの曇天で、生育が鈍っている」と卸売会社ではみる。

 主力の愛知県のJA西三河は同日販売分で前年を25%下回る12万8000本を出荷した。JAは「年明けからの天候不順や4月の日照不足で前年を下回った」と説明する。

 同日の輸入は日農平均価格の対象となる7卸で約143万本。卸売会社は「南米産で咲き過ぎが散見されるが、それ以上に品質の安定しない中国産が多く、国産を仕入れる生花店も目立っている」と話す。

 カーネーションに並んで、人気のバラも品薄感が強い。同日の価格はスタンダードで1本97円で、前年を20%上回った。

 今年の「母の日」は大型連休最終日に重なるため、例年に比べて短期決戦色が強い。

 このため、間際の6日まで引き合いが見込まれるが、卸売会社は「4日のピークでも大きく増えず、直前まで高値が続く」とみる。

母の日控え品薄 輸入物が品質不安定 国産に引き合い カーネーション

《日本農業新聞「e農net」》

編集部おすすめの記事

特集

制度・ビジネスチャンス アクセスランキング

  1. 主要ゼネコン26社/17年3月期決算/最高益更新相次ぐ、全社が増収見込む

    主要ゼネコン26社/17年3月期決算/最高益更新相次ぐ、全社が増収見込む

  2. ジビエのトレーサビリティー、業界で統一流通ルール

    ジビエのトレーサビリティー、業界で統一流通ルール

  3. 国交省、旧38条認定建物の増改築規制緩和、大掛かりな工事不要に

    国交省、旧38条認定建物の増改築規制緩和、大掛かりな工事不要に

  4. 野菜購入時に消費者が最も求める情報、第1位は?

  5. 成功する新業態:01|月2000円で飲み放題のコーヒースタンド

  6. 国交省が専門工事会社評価にキャリアアップシステムを応用、抱える技能者で判断可能に

  7. ~外国人技能実習生:1~受け入れを検討するタイミングはいま!

  8. ~あたらしい訪問型ビジネス:2~美容サロンが育児ママを救う!

  9. 宮崎県/防災拠点庁舎建設3件入札公告/建築はWTO対象

  10. 葬儀件数増も規模は縮小、葬祭ビジネス市場はどうなる?

アクセスランキングをもっと見る

page top