契約電力の基本料金を下げることができるかも!富士通が分析ツール 画像 契約電力の基本料金を下げることができるかも!富士通が分析ツール

制度・ビジネスチャンス

 富士通は電力の基本料金を決める契約電力が適切かどうかを分析できる情報通信技術(ICT)ツールを開発し、5月上旬にグループ60拠点を対象に運用を始める。過去の電力使用データを解析し、電力が最も使われるピーク(最大)を予測し、契約電力との差を分析できる。適切な契約電力を自動で選ぶ機能もあり、各拠点での二酸化炭素(CO2)排出量の削減につなげる。

 30分単位の使用電力の実績と気温から、1度C変わると使用電力が何キロワット変化するといった解析をする。変化が大きければ建物の断熱性を高める対策を検討する。一覧表示して拠点同士を比較し、省エネルギー施策を強化する拠点を見つけ出せる。

 解析から次年度のピークを予測し、ピークに見合った契約電力や料金プラン、コスト削減効果を拠点別に導き出す。結果は電力会社との契約更新1カ月前に担当者宛てにメールで送り、見直しを検討してもらう。

 日常的な運用にも機能を活用する。予測した翌日のピーク発生時間を前日10時に連絡し、担当者が余裕を持ってピークカット対策を準備できるようにする。契約電力の分析機能は、各拠点の電力データを収集、解析するツール「環境経営ダッシュボード」に追加した。ツールは外販しており、新機能も外販を検討する。

 富士通は2018年度までに事業活動で発生するCO2を13年度比5%以上削減する環境目標を策定した。契約電力に着目した分析でCO2削減の余地を発見して目標を達成する。実際のピークより高い数値で契約電力を結んでいる拠点は、見直しによって基本料金が下がる。
《ニュースイッチ by 日刊工業新聞》

編集部おすすめの記事

特集

制度・ビジネスチャンス アクセスランキング

  1. お客さまとの距離が近い!年賀はがきのDMが支持される意外な理由

    お客さまとの距離が近い!年賀はがきのDMが支持される意外な理由

  2. これ以上の時間の浪費は許されない/JR北海道再生推進会議が「最後通牒」的声明

    これ以上の時間の浪費は許されない/JR北海道再生推進会議が「最後通牒」的声明

  3. 成功する新業態:03|建物価格1億円以上の「社長の邸宅」/フリーダムアーキテクツデザイン

    成功する新業態:03|建物価格1億円以上の「社長の邸宅」/フリーダムアーキテクツデザイン

  4. 「SDGs」「サステナブル経営」をもっとよく知るために

  5. 意外と知らない(経営者なら知っておくべき)「法人格」ってなに?

  6. 「中小企業の《経営論》」第17回:社員が辞めていってしまう社長が一生懸命に変えたこと

  7. 主要ゼネコン26社/17年3月期決算/最高益更新相次ぐ、全社が増収見込む

  8. ナショナルトレセン拡充棟建設へ、東京五輪を目指すトップ選手の強化拠点に

  9. 【おおさか地域創造ファンド:1】地場産業に確かな道筋を!

  10. 5月の企業倒産件数、1年11か月ぶりに800件を超える

アクセスランキングをもっと見る

page top