契約電力の基本料金を下げることができるかも!富士通が分析ツール 画像 契約電力の基本料金を下げることができるかも!富士通が分析ツール

制度・ビジネスチャンス

 富士通は電力の基本料金を決める契約電力が適切かどうかを分析できる情報通信技術(ICT)ツールを開発し、5月上旬にグループ60拠点を対象に運用を始める。過去の電力使用データを解析し、電力が最も使われるピーク(最大)を予測し、契約電力との差を分析できる。適切な契約電力を自動で選ぶ機能もあり、各拠点での二酸化炭素(CO2)排出量の削減につなげる。

 30分単位の使用電力の実績と気温から、1度C変わると使用電力が何キロワット変化するといった解析をする。変化が大きければ建物の断熱性を高める対策を検討する。一覧表示して拠点同士を比較し、省エネルギー施策を強化する拠点を見つけ出せる。

 解析から次年度のピークを予測し、ピークに見合った契約電力や料金プラン、コスト削減効果を拠点別に導き出す。結果は電力会社との契約更新1カ月前に担当者宛てにメールで送り、見直しを検討してもらう。

 日常的な運用にも機能を活用する。予測した翌日のピーク発生時間を前日10時に連絡し、担当者が余裕を持ってピークカット対策を準備できるようにする。契約電力の分析機能は、各拠点の電力データを収集、解析するツール「環境経営ダッシュボード」に追加した。ツールは外販しており、新機能も外販を検討する。

 富士通は2018年度までに事業活動で発生するCO2を13年度比5%以上削減する環境目標を策定した。契約電力に着目した分析でCO2削減の余地を発見して目標を達成する。実際のピークより高い数値で契約電力を結んでいる拠点は、見直しによって基本料金が下がる。
《ニュースイッチ by 日刊工業新聞》

編集部おすすめの記事

特集

制度・ビジネスチャンス アクセスランキング

  1. 選挙戦スタート、各党の建設業界の課題への対応は?

    選挙戦スタート、各党の建設業界の課題への対応は?

  2. 環七地下広域調節池の石神井川区間を工事。集中豪雨にも効果を発揮!

    環七地下広域調節池の石神井川区間を工事。集中豪雨にも効果を発揮!

  3. 名古屋市が千種区役所を改築、17年度に調査着手

    名古屋市が千種区役所を改築、17年度に調査着手

  4. 野村不動産、東芝青梅事業所跡開発/売却額は100億円

  5. ~外国人技能実習生:3~中国とベトナムの実習生最新事情

  6. 福島復興風力、仮事業者を公募。再生可能エネで県内需要を

  7. 【田舎にもっと外貨を!:3】古民家再生はCOOL!

  8. 四国横断道吉野川大橋、延長1696.5メートル

  9. 国交省が道路橋技術基準改定へ。耐久目標100年規定、長寿命化へ部分係数法を導入

  10. 東京の鉄道のこれから、路面電車復活も!?

アクセスランキングをもっと見る

page top