【HANJO女子】工事現場と笑顔と 画像 【HANJO女子】工事現場と笑顔と

人材

 工事現場で仮設足場の安全点検を行う「仮設安全監理者」として活躍する。入社当時は営業スタッフからのスタートだったが、今では足場の安全点検だけではなく、さまざまな安全講話や安全指導も担当する。
 就職活動の際、大学が文学部だったこともあり、建設業にはあまり関心がなかったが、興味本位で出た会社説明会で「女性も活躍していて、個性も大切にする会社だ」と感じた。「自分の可能性を広げられるかもしれない」と思い、入社を決めたという。
 入社して希望したのは営業職。自分が営業している姿は想像できなかったが、自身の成長を目指して決めた。男性の営業マンと共に現場に行くと、「お客さんから『この業界で女性の営業は大変だと思う。無理じゃないかな』と言われた」。それが奮い立つばねになり、仕事に打ち込んだ。
 現在の部署に異動したのは2010年。今は安全講話や研修会もこなすようになったが、最初は「人前で話ができるだろうか」と心配だった。「努力を重ねる中で苦手を克服した。人間は変わろうと思えば変われるのだと実感した」と笑顔を見せる。
 建設業界も最近は女性が入職しやすい環境が少し整ったと感じている。会社説明会にも参加。就職活動をする女子学生たちに、女性が活躍できる職場であることをアピールしている。「もっと女性の仲間を増やし、お互いに切磋琢磨(せっさたくま)できる環境を整えていきたい」。
 (足場安全コンサルティング課、たかはし・りえこ)

凜/杉孝足場安全コンサルティング部・高橋理恵子さん/変わろうと思えば人は変われる

《日刊建設工業新聞》

編集部おすすめの記事

特集

人材 アクセスランキング

  1. ゼネコン各社で女性の新卒採用拡大、17年春入社は18.4%に

    ゼネコン各社で女性の新卒採用拡大、17年春入社は18.4%に

  2. 「中小企業の《経営論》」第10回:「社長は孤独」と自分でいう社長に感じる違和感

    「中小企業の《経営論》」第10回:「社長は孤独」と自分でいう社長に感じる違和感

  3. 社歌コンテスト、大賞発表! 激戦を勝ち抜いたのはこの動画

    社歌コンテスト、大賞発表! 激戦を勝ち抜いたのはこの動画

  4. 国交省の毛利信二事務次官が就任会見/働き方改革、担い手の確保や生産性向上を

  5. 国交省、北海道開発局と地方整備局で7人の局長を交代

  6. 看護職の魅力伝える 看護師が高校で出前授業

  7. 三代目社長のHANJO記:第2話――従業員の心をつかむ社内改革

  8. 広島東洋カープ優勝のカギは中小企業的経営にあり。

  9. 国交省/建設工事発注機関連絡会が初会合/働き方改革の取り組みなど情報共有

  10. 熊谷組が仕事と育児両立テーマにセミナー、育児中社員と上司ら100人参加

アクセスランキングをもっと見る

page top