もみじまんじゅうに合う純米酒を開発! 次はお好み焼きとカキフライ!! 画像 もみじまんじゅうに合う純米酒を開発! 次はお好み焼きとカキフライ!!

インバウンド・地域活性

 広島県立総合技術研究所食品工業技術センターは、広島名物の四つの食品に合う純米酒を開発した。第1弾として、もみじまんじゅうに合う純米酒を地元酒造大手の白牡丹酒造(広島県東広島市)に技術供与。同社が「紅甘萬(べにかんまん)=写真」と名付けて発売した。今後、お好み焼きと焼きガキ、カキフライに合う酒についても順次商品化する。

 紅甘萬は、味の濃さと後味のコクがもみじまんじゅうと一致する一方、キレを高めてすっきりする味に仕上げた。アルコール度数は通常の日本酒の半分程度の8%。180ミリリットル入り瓶で消費税抜き価格は360円。同サイズの瓶で5000本分を醸造した。広島駅売店とアンテナショップ「TAU」(東京都中央区)で販売する。

 工業技術センターでは、まず味覚や香りなどの「酒質」をもみじまんじゅうに合うよう設計。アルコール度数の調整法などと併せて技術供与した。米麹は酒造会社のオリジナルという。

 夏頃にお好み焼きに合う酒を酒造会社の三宅本店(広島県呉市)が、秋には焼きガキに合う酒を地元酒販大手の酒商山田(広島市南区)が発売する。

広島県、もみじまんじゅうに合う純米酒を開発

《ニュースイッチ by 日刊工業新聞》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. セグウェイ超えられるか? 滋賀のベンチャーがハンドル操作の電動一輪バイクを市販へ

    セグウェイ超えられるか? 滋賀のベンチャーがハンドル操作の電動一輪バイクを市販へ

  2. JR上野駅公園口移設計画、円滑な動線確保へ/東京五輪までに

    JR上野駅公園口移設計画、円滑な動線確保へ/東京五輪までに

  3. 造幣局東京支局跡開発、大学を誘致する方針

    造幣局東京支局跡開発、大学を誘致する方針

  4. リニア新幹線の「神奈川県駅」(仮称)、地下3層構造

  5. 羽田空港第2旅客ターミナル国際線対応施設、南側増築で機能強化

  6. <シリーズ> 陶磁器産業復活のシナリオ(事例・常滑編)

  7. 「爆買いツアー」終焉で貸切バス需要が急減。バス業界の今後は?

  8. 大手町二丁目再開発、東京駅日本橋口で高さ日本一の大型開発が始動!

  9. 新橋駅前ビル周辺再開発、輝きを取り戻せるか?

  10. 日本武道館、増築・改修へ実施設計着手/20年東京五輪で柔道、空手の試合

アクセスランキングをもっと見る

page top