もみじまんじゅうに合う純米酒を開発! 次はお好み焼きとカキフライ!! 画像 もみじまんじゅうに合う純米酒を開発! 次はお好み焼きとカキフライ!!

インバウンド・地域活性

 広島県立総合技術研究所食品工業技術センターは、広島名物の四つの食品に合う純米酒を開発した。第1弾として、もみじまんじゅうに合う純米酒を地元酒造大手の白牡丹酒造(広島県東広島市)に技術供与。同社が「紅甘萬(べにかんまん)=写真」と名付けて発売した。今後、お好み焼きと焼きガキ、カキフライに合う酒についても順次商品化する。

 紅甘萬は、味の濃さと後味のコクがもみじまんじゅうと一致する一方、キレを高めてすっきりする味に仕上げた。アルコール度数は通常の日本酒の半分程度の8%。180ミリリットル入り瓶で消費税抜き価格は360円。同サイズの瓶で5000本分を醸造した。広島駅売店とアンテナショップ「TAU」(東京都中央区)で販売する。

 工業技術センターでは、まず味覚や香りなどの「酒質」をもみじまんじゅうに合うよう設計。アルコール度数の調整法などと併せて技術供与した。米麹は酒造会社のオリジナルという。

 夏頃にお好み焼きに合う酒を酒造会社の三宅本店(広島県呉市)が、秋には焼きガキに合う酒を地元酒販大手の酒商山田(広島市南区)が発売する。

広島県、もみじまんじゅうに合う純米酒を開発

《ニュースイッチ by 日刊工業新聞》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. 日本油脂王子工場跡地開発、大型商業施設と共同住宅の建設へ

    日本油脂王子工場跡地開発、大型商業施設と共同住宅の建設へ

  2. 栃木県で総合スポーツゾーン新スタジアム、天然芝のサッカー場も

    栃木県で総合スポーツゾーン新スタジアム、天然芝のサッカー場も

  3. 自由が丘駅前再開発/過密化、老朽化からにぎわい創出の町へ

    自由が丘駅前再開発/過密化、老朽化からにぎわい創出の町へ

  4. 十条駅西口地区再開発、40階建て、低層部に商業・業務施設、上層部に住宅

  5. 名古屋市・錦二丁目7番街区再開発、超高層マンションで街を活性化

  6. 【ご当地キャラの仕掛け人に訊く!】頭の社は出雲大社ではなかった……しまねっこ

  7. 名古屋城天守閣、木造復元できるのは世界でこの城だけ!

  8. 武蔵小金井駅南口再開発、総延べ約11万平方メートルのツインタワービル建設

  9. ■ニュース深掘り!■DMOの課題は予算、その対応は?

  10. 青森に1本だけ残っていた幻のリンゴ「カルヴィル・ブラン」、菓子用でブレイク!

アクセスランキングをもっと見る

page top