もみじまんじゅうに合う純米酒を開発! 次はお好み焼きとカキフライ!! 画像 もみじまんじゅうに合う純米酒を開発! 次はお好み焼きとカキフライ!!

インバウンド・地域活性

 広島県立総合技術研究所食品工業技術センターは、広島名物の四つの食品に合う純米酒を開発した。第1弾として、もみじまんじゅうに合う純米酒を地元酒造大手の白牡丹酒造(広島県東広島市)に技術供与。同社が「紅甘萬(べにかんまん)=写真」と名付けて発売した。今後、お好み焼きと焼きガキ、カキフライに合う酒についても順次商品化する。

 紅甘萬は、味の濃さと後味のコクがもみじまんじゅうと一致する一方、キレを高めてすっきりする味に仕上げた。アルコール度数は通常の日本酒の半分程度の8%。180ミリリットル入り瓶で消費税抜き価格は360円。同サイズの瓶で5000本分を醸造した。広島駅売店とアンテナショップ「TAU」(東京都中央区)で販売する。

 工業技術センターでは、まず味覚や香りなどの「酒質」をもみじまんじゅうに合うよう設計。アルコール度数の調整法などと併せて技術供与した。米麹は酒造会社のオリジナルという。

 夏頃にお好み焼きに合う酒を酒造会社の三宅本店(広島県呉市)が、秋には焼きガキに合う酒を地元酒販大手の酒商山田(広島市南区)が発売する。

広島県、もみじまんじゅうに合う純米酒を開発

《ニュースイッチ by 日刊工業新聞》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. 世界貿易センタービルディングの解体、160メートルは国内最高層!

    世界貿易センタービルディングの解体、160メートルは国内最高層!

  2. 近大医学部、付属病院、堺市への移転計画/健康・医療分野の民間投資を促進

    近大医学部、付属病院、堺市への移転計画/健康・医療分野の民間投資を促進

  3. 五輪後の建設市場は「減少」か「横ばい」…アナリストに聞く

    五輪後の建設市場は「減少」か「横ばい」…アナリストに聞く

  4. 羽田空港第2旅客ターミナル国際線対応施設、南側増築で機能強化

  5. 東京23区で唯一大学のなかった墨田区、「i専門職大学」開学へ!

  6. 栃木県で総合スポーツゾーン新スタジアム、天然芝のサッカー場も

  7. 都営青山北町アパート跡地開発、90メートルの高層ビルを含む複合施設へ

  8. 2018 観光産業の潮流、押さえておきたい4つの波

  9. 那覇空港中長期構想、滑走路間にターミナルビル移設/旅客需要増加に対応

  10. JR宇都宮駅東口地区整備方針/コンベンション施設や商業施設整備を

アクセスランキングをもっと見る

page top