【ICTが変える高齢化社会:6】介護になぜICTが好まれるのか? 画像 【ICTが変える高齢化社会:6】介護になぜICTが好まれるのか?

IT業務効率

 全国の40代以上の男女のうち、約80%が介護ロボットを肯定的にとらえている――。これは、オリックス・リビングが毎年行っているアンケート調査のうち、2015年の結果によるものだ。プライバシーにもかかわる介護については、むしろ人手よりロボットのほうが気を使わないという声が高まっている。

 このような意見を取り入れて、同社の老人ホームや付随する介護サービスでは、ICTやロボット技術(RT)を介護の現場に生かす取り組みを積極的に行っている。そこに、一体どんな効果を期待しているのか? 企画部 広報課長の入江徹氏に話を伺った。

■見守りシステムで作業時間を1時間短縮

 そもそも入江氏自身はロボット活用について、どちらかというと懐疑的な立場だったという。しかし、アンケート結果を「人手の介護が否定されたようだが、ぬくもりのある介護とはすべてが人の手である必要はないのかもしれない」と受け止め、介護現場での機械化、自動化を考えるようになった。

 とはいえ、その取り組みはパワーアシストスーツやセラピーロボット、コミュニケーションロボットのように、最先端IT機器を全面に押し出したものではない。しかし、それは介護される高齢者、介護する介護士にとって、現場での効果やメリットがあるもの。技術シーズ先行ではなく、現場ニーズをしっかりくみ取れるものを優先して考えているからだ。

 例えば、「グッドタイム リビング 流山 弐番舘」などで導入している次世代予測型見守りシステム「Neos+Care(ネオスケア)」は、カメラとセンサーを組み合わせた見守りロボットだ。形状はベッドサイトに取り付ける箱状のもの。取材を受けると「もう少しロボットっぽいものはないんですか?」といわれるそうだが、国の介護ロボットプロジェクトで優秀機器に選ばれた実績を持っている。

 見た目はインターフォンのようだが、3次元赤外線スキャナーを内蔵しており、ベッドの形状と人の動きを認識する。これにより、寝返りやずり落ちなど、危険な動作なのかを正確に予測、検知して、適切なワーニングをナースセンターや介護者に送ることができる。起き上がりや柵越えなど、さまざまな動作も認識できるとのことだ。

《中尾真二/HANJO HANJO編集部》

編集部おすすめの記事

特集

IT業務効率 アクセスランキング

  1. VOC土壌汚染対策工法評価ツール、環境・社会・経済の3側面で分析

    VOC土壌汚染対策工法評価ツール、環境・社会・経済の3側面で分析

  2. 実際儲かる?…米国Uberドライバーの生の声《前編》

    実際儲かる?…米国Uberドライバーの生の声《前編》

  3. 横浜の山下ふ頭、国内最大級の展示施設整備構想、東京ビッグサイトの受け皿に

    横浜の山下ふ頭、国内最大級の展示施設整備構想、東京ビッグサイトの受け皿に

  4. 米国でくら寿司が快進撃を続ける理由

  5. クラウド連携する業務用ドライブレコーダー発売……富士通テン

  6. 東京駅日本橋口前・日本ビルの部分解体工事を公開

  7. 道の駅などを拠点とする自動運転サービスの実証、今夏に全国10カ所で実施

  8. ~スマート林業:5~ヒノキの間伐材で畳に付加価値をつける

アクセスランキングをもっと見る

page top