【果物お土産ビジネス:1】爆買いと制度が変える果物ニーズ 画像 【果物お土産ビジネス:1】爆買いと制度が変える果物ニーズ

制度・ビジネスチャンス

 インバウンドによる爆買いの人気もあって、街角で外国人観光客を見かける機会が多くなった。そんな彼らが訪れる場所の一つに、デパートなどの食品売り場がある。目当てはイチゴやメロンといった国産フルーツだ。

 イチゴ1粒が数千円で取引されるなど、近頃では日本の果物が海外で注目を集めている。それは輸出に限った話ではない。果物売り場で観光の最後にお土産を買い求める観光客がいれば、食べ放題を売りにしている観光農園でも外国人の利用が増えている。ただ、利用している外国人観光客の比率は、店によってバラバラなのが現状だ。では、なぜ店や農園によって、外国人観光客の利用者数が違うのだろう?

■未だ進まない果物お土産の外国人対応

 そもそも、日本ではほんの一昔前まで、外国人に果物を売る機会がきわめて少なかった。日本の果物を外国に持ち出そうとすると、検疫の問題が立ちはだかる。そのルールは国によってまちまちた。例えば、中国では規制対象となっているブドウやキウイも、韓国であれば手荷物として観光帰りに持ち帰れる。それを一つ一つ理解して販売するのは、中小の小売店には難しい。

 さらに、生鮮食品は傷みやすく、お土産として扱いづらいという問題もある。そもそもインバウンド需要が高まるまでは、外国人観光客が顧客として成立するほど多くなかったこともあるだろう。そのため、中小の果物店や観光農園などで、外国人対応を進めている場所はほぼないのが現状だった。

《丸田鉄平/HANJO HANJO編集部》

編集部おすすめの記事

特集

制度・ビジネスチャンス アクセスランキング

  1. お客さまとの距離が近い!年賀はがきのDMが支持される意外な理由

    お客さまとの距離が近い!年賀はがきのDMが支持される意外な理由

  2. 原稿料、講演料、コンサル報酬など支払うとマイナンバーが必要?

    原稿料、講演料、コンサル報酬など支払うとマイナンバーが必要?

  3. 今年のクリスマスケーキは、たっぷりのイチゴが魅力!/定番のショートケーキを強化

    今年のクリスマスケーキは、たっぷりのイチゴが魅力!/定番のショートケーキを強化

  4. 国交省が電気通信工事の国家資格創設へ、技術検定で制度化/30年ぶりの新種目

  5. 誘因(給与)と貢献(労働)のバランスをどう取ればいいのか?

  6. 空調大手4社/17年4~9月期決算/全社が増収営業増益、ビル空調受注が減少傾向

  7. 「転注」にもめげず、本気で大企業と値上げ交渉

  8. ユニーク社長のロングトーク/Casa 宮地正剛さん Vol.1

  9. 国交省が低入札調査の基準額を引き上げ、工事は予定価格の89%に

  10. 主要ゼネコン26社の16年4~9月期決算、7割近くが粗利益率10%台

アクセスランキングをもっと見る

page top