博多・アイランドシティまちづくりエリア開発事業、スタート! 画像 博多・アイランドシティまちづくりエリア開発事業、スタート!

制度・ビジネスチャンス

 福岡市と第三セクター・博多港開発は、アイランドシティまちづくりエリア(博多港開発工区)の区画約4・1ヘクタールを対象とした事業提案公募で、事業予定者に西日本鉄道を選定したと発表した。コミュニティーセンターやシニアマンション、多世代交流住宅などで構成する複合施設の開発を計画している。16年度の着工を目指す。土地分譲価格を含む総事業費は約250億円。
 公募対象地は博多港開発が所有する東区香椎照葉5の26の37。区画全体の面積は4万1332平方メートルでこのうち分譲用地は3万1332平方メートル、借地用地は1万平方メートル。土地分譲価格は約34億円。
 建物の構造は分譲エリアはRC造、借地エリアはS造。主な施設としてシニアマンション(住宅型有料老人ホーム)とこれに併設するコミュニティーセンター、カルチャールームやコミュニティーガーデンなどを備えた多世代交流住宅、地域密着型スーパー、イベント広場などを設ける。計画戸数は分譲・賃貸で700戸程度、シニアマンションは150室程度を予定している。
 7月ごろに土地売買契約を結び、16年度に分譲エリアから先行して工事を開始し、17年度から借地エリアでも工事を開始。18年度以降に順次供用する。
 公募対象地については超高齢社会対応型の健康ネクストタウン計画が策定されており、事業提案公募では住民のためのコミュニティーセンター機能や高齢者向け住宅、多世代交流住宅などを複合的に配置した拠点施設やこれらを補完する施設の開発提案を求めた。
 応募は1者だった。

福岡市、博多港開発/アイランドシティまちづくりエリア開発事業/事業予定者に西鉄

《日刊建設工業新聞》

編集部おすすめの記事

特集

制度・ビジネスチャンス アクセスランキング

  1. 『2017年版 中小企業白書』と、創業支援策の課題(後編)

    『2017年版 中小企業白書』と、創業支援策の課題(後編)

  2. 国交省が工事の準備・後片付け期間を改定。下期発注で運用、7工種で定義も明確化

    国交省が工事の準備・後片付け期間を改定。下期発注で運用、7工種で定義も明確化

  3. 「東京圏の今後の都市鉄道のあり方」に異論!反論!

    「東京圏の今後の都市鉄道のあり方」に異論!反論!

  4. 新しい「霞が関の顔」、官僚人事でサプライズは?

  5. 新空港線線(蒲蒲線)、先行区間事業費は1260億円

  6. 筑波大学の産学連携、「世界初」の取り組みに注目!

  7. 新さっぽろ駅周辺地区開発、大学・ホテル・医療施設も

  8. 日清食品が滋賀県栗東市に新工場、50%以上の省人化でコスト削減

  9. ナショナルトレセン拡充棟建設へ、東京五輪を目指すトップ選手の強化拠点に

  10. リニア新幹線南アルプストンネル導水路を建設、全体工程7年想定

アクセスランキングをもっと見る

page top