【ICTが変える高齢化社会:2】かしこい“見守りシステム” 画像 【ICTが変える高齢化社会:2】かしこい“見守りシステム”

IT業務効率

 古くはナースコールではじまった、医者と患者をつなぐネットワーク。それがICTの力を借りて、近年では様々な形に進化している。中でも、特に発展が目覚ましい分野の一つが高齢者介護だ。要介助者の様子をモニタリングして、不審な時には自動で通報。“見守りシステム”としての質を、技術の進化で年々向上させている。

 東京ビッグサイトで開催された介護用品やソリューションの総合展示会「CareTEX 2017」では、さまざまなメーカーの見守りシステムが出展された。これらは、介護の現場を一体どのように変えるのだろう?

■呼吸や脈拍までを遠隔見守り

 見守りシステムの全体像としては、高齢者のいる部屋やベッドにセンサーを設置。呼吸や脈拍などをモニタリングすることで、要介助者の安否、行動、体調などが離れた場所から確認できる。以前はウェアラブル端末を要介助者が身につけるシステムも多かったが、近年ではセンサーを利用することで、要介助者への負担が少なくなった。

 見守りシステム「ひととひと」を開発する東京精密の村木雅子氏によると、システムのICT化は介助者の負荷を軽減しながら、要介助者に十分なケアを提供するための助けになるという。

「介護施設などでは夜間にも何時間かに1回、スタッフが見回りをする必要がありました。しかし、システムを使えばプライバシーを守りながら、要介助者の様子をパソコン1台で確認できます」

 見守りシステムでは要介助者の様々な行動を検知できるという。人感センサーで入退室や外出を確認。深夜になっても照度センサーが反応しているようなら、徘徊などの疑いも考えられるだろう。ひん尿の人が一度もトイレに行ってなければ、体調不良も考えられる。そうした生活パターンを蓄積し、解析することによって、生活パターンに変化があればアラートを出すこともできる。

 なお、こうした詳細な検知ができるようになったのには、センサーの高度化が大きく関わっている。ここ数年は人の存在を検知する人感センサーの利用が進んでいたが、今年は生体センサーの利用がトレンドとのこと。呼吸や脈拍を、非接触で感知できるのが特徴だ。

《丸田鉄平/HANJO HANJO編集部》

編集部おすすめの記事

特集

IT業務効率 アクセスランキング

  1. 大林組がIoTやAI活用のビル管理システムの開発へ、ウェルネス建築の一環

    大林組がIoTやAI活用のビル管理システムの開発へ、ウェルネス建築の一環

  2. 米国でくら寿司が快進撃を続ける理由

    米国でくら寿司が快進撃を続ける理由

  3. 飲食店の皆さん、棚卸しをしていますか? 棚卸しをする大事な3つの理由

    飲食店の皆さん、棚卸しをしていますか? 棚卸しをする大事な3つの理由

  4. サービス産業の「生産性向上」はいかにして達成できるのか?:3

  5. 建研、西武建設ら中高層建物のドローン点検実験公開/吹き付け塗装の模擬施工も

  6. 【VRと中小企業:4】鋳物職人の五感を継承する最先端OJT

  7. 弘前市、8月より公用車に車両管理システムを導入……納入事業者はオリックス

  8. ソニー、教育機関向け「STEM教育パッケージサービス」の提供開始

  9. 「データインテリジェンスセンター」が新設、東南アジアのビッグデータ解析

  10. 指先ひとつで支払い完了、ハウステンボスで指紋認証決算スタート

アクセスランキングをもっと見る

page top