【熊本地震】山岳部の余震、「外部から応援に行けず」 画像 【熊本地震】山岳部の余震、「外部から応援に行けず」

インバウンド・地域活性

 内田知行熊本県建設業協会阿蘇支部長が19日、日刊建設工業新聞の取材に答え、現地の状況を語った。
 (大きな被害が出た)南阿蘇村の復旧は南阿蘇建設業組合の会員が行っている。被害状況も把握できておらず、てんてこ舞いの状況らしい。作業内容は道路の啓開が中心。南阿蘇村では行方不明者を捜索するために自衛隊や警察、消防の関係者が多く、外部から応援には行けないのが現状だ。
 阿蘇市から南阿蘇村へのアクセスは、阿蘇大橋が崩落したため、(東側の)高森町を経由して迂回(うかい)しなければならない。しかも山岳部は余震が続いているので近づけない状況だ。
 阿蘇市内に本社がある支部会員は、市内の陥没箇所の復旧など道路啓開を中心に作業を進めている。阿蘇支部が入居する建物はきのうまで電気が止まっていたため電話やFAXが使えず、余震も続いていたので女性職員を自宅待機させていた。

熊本地震/熊本建協阿蘇支部・内田知行支部長、「外部から応援に行けず」

《日刊建設工業新聞》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. 近大医学部、付属病院、堺市への移転計画/健康・医療分野の民間投資を促進

    近大医学部、付属病院、堺市への移転計画/健康・医療分野の民間投資を促進

  2. 入場者数9年連続増、官民一体で城下町再生…愛知・犬山城

    入場者数9年連続増、官民一体で城下町再生…愛知・犬山城

  3. 「爆買いツアー」終焉で貸切バス需要が急減。バス業界の今後は?

    「爆買いツアー」終焉で貸切バス需要が急減。バス業界の今後は?

  4. 五輪後の建設市場は「減少」か「横ばい」…アナリストに聞く

  5. 品川駅周辺まちづくり、品川新駅やリニア開業で再開発が加速!

  6. 北海道北広島市、日本ハムへ提案のボールパーク構想公表/ショッピングモールやホテルも

  7. 川越駅前にホテル建設、川越駅とデッキで接続/20年開業予定

  8. 世界貿易センタービルディングの解体、160メートルは国内最高層!

  9. 梨の葉を使った“紅茶”、機能性成分も発見!/鳥取の新たな特産品に

  10. 高槻市の新文化施設整備、「芸術にふれる喜びを確信する」建築計画

アクセスランキングをもっと見る

page top