東広島市が市立美術館建設、16年夏に基本設計着手 画像 東広島市が市立美術館建設、16年夏に基本設計着手

インバウンド・地域活性

 広島県東広島市は、1日にオープンした東広島芸術文化ホール「くらら」に隣接して新たな市立美術館を建設する。この夏をめどに基本設計に着手する見通しだ。設計者選定に際しては公募型プロポーザル方式の採用も視野に検討を進めている。16~17年度に設計を終えて18年度に着工、20年度の開館を目指す。建設費は設計、監理を含め16億円程度を見込んでいる。
 建設地は、西条栄町9の1ほかの敷地約1800平方メートル。芸術文化ホールと道1本挟み、西条中央公園とも隣接している。施設規模は、展示機能1000平方メートル程度、収集保管機能300~600平方メートル、教育普及機能200~300平方メートル、調査研究機能・事務管理機能250平方メートル程度、導入部・共用部など750~850平方メートルの合計2500~3000平方メートル程度を想定している。
 現在の東広島市立美術館は1979年6月に八本松南2の1の3に開館。増築や改修を行ってきたが、延べ床面積が641平方メートルと小さい上、施設・設備の老朽化が進み、多くの市民が来館しやすい立地とは言えないなどの課題を抱えている。
 こうしたことから、文化芸術の柱となる「美術」について、芸術文化ホールと同様に拠点となる場を整備し、市のまちづくり、魅力づくりを一層、加速させることとした。
 2月に策定した東広島市美術館建設基本計画では、「鑑賞・ふれる」「育成・はぐくむ」「創造・つくる」「交流・つなぐ」を基本理念に置き、▽優れた美術を鑑賞できる美術館▽世界をつなぎ、まちをつくる美術館▽創造し参加体験する美術館▽連携・交流する美術館-とすることで、「暮らしとともにあるArt、生きる喜びに出会う美術館」の実現を目指す。

広島県東広島市/市立美術館建設/16年夏に基本設計着手

《日刊建設工業新聞》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. 五輪後の建設市場は「減少」か「横ばい」…アナリストに聞く

    五輪後の建設市場は「減少」か「横ばい」…アナリストに聞く

  2. 近大医学部、付属病院、堺市への移転計画/健康・医療分野の民間投資を促進

    近大医学部、付属病院、堺市への移転計画/健康・医療分野の民間投資を促進

  3. 開業わずか1年! 京都で口コミランク3位の旅館、その戦略とは?/京町家旅館 楽遊

    開業わずか1年! 京都で口コミランク3位の旅館、その戦略とは?/京町家旅館 楽遊

  4. 見えてきた! 品川新駅の骨格、京浜東北線北行きのオーバークロス高架橋

  5. 地域を“アゲる”観光行政、“サゲる”観光行政

  6. リニア新幹線、南アルプストンネル最後の工区着工へ

  7. 殿町「羽田連絡道路」が起工、国際競争力の強化に期待

  8. なぜ、日本の〇〇街道は成功しないのか?

  9. 青森県むつ市が新体育館建設、スポーツのほか余暇を過ごす市民憩いの空間へ

  10. 「爆買いツアー」終焉で貸切バス需要が急減。バス業界の今後は?

アクセスランキングをもっと見る

page top