日本型枠、複数パターンで表記可能な標準見積書作成ソフト 画像 日本型枠、複数パターンで表記可能な標準見積書作成ソフト

IT業務効率

 日本型枠工事業協会(日本型枠、三野輪賢二会長)は、社会保険加入の原資となる法定福利費を別枠表記した標準見積書の作成用ソフトウエア(16年度版)を開発し、一般販売を始めた。保険料計算の基準となる日額賃金や、見積書への法定福利費と本人負担分の社会保険料の表記を複数のパターンから選択でき、契約相手などに適した様式の見積書を効率的に作れる。作成手順書を含めてCD=写真=に収録。1枚5000円(税込み)で販売する。会員は割引を適用する。
 最新の社会保険料率と公共工事設計労務単価を反映させた。保険料計算の基準単価は本人負担を含むケースと含まないケースの日額賃金、本人負担額を含む公共工事設計労務単価、法定福利費を含む日額人件費から選択可能。本人負担分や法定福利費の計算・表示は、▽本人負担・法定福利費100%加入を前提▽該当工事の加入者分だけ▽未加入者分を減額-の三つから選べる。
 ソフトは、別枠表記の見積書の普及を目的に、社会保険未加入問題対策委員会(後町廣幸委員長)が検討してきた。型枠工事で一般的な平方メートル単価の契約に配慮した仕様で、別枠表記の見積書の普及と同時に「歩掛かりをはじめ積算、会計能力の向上に役立つ」(後町委員長)とみている。注文書は日本型枠のホームページに掲載している。

日本型枠/標準見積書作成ソフトの販売開始/複数パターンで表記可能

《日刊建設工業新聞》

編集部おすすめの記事

特集

IT業務効率 アクセスランキング

  1. 路面下の劣化箇所、時速80キロ走行で3D情報を収集!

    路面下の劣化箇所、時速80キロ走行で3D情報を収集!

  2. サービス産業の「生産性向上」はいかにして達成できるのか?:1

    サービス産業の「生産性向上」はいかにして達成できるのか?:1

  3. アメリカから考える日本版シェアリングエコノミーの未来:前編

    アメリカから考える日本版シェアリングエコノミーの未来:前編

  4. 国産OSの灯は消えない――TOPPERSプロジェクト

  5. AIの未来、2030年には常識を備えた「執事ロボ」が!

  6. 準大手ゼネコンでインフラ点検ロボット開発進む、人力よりも効率的に作業

  7. 国交省が土木工事の積算基準を改定。ICT建機の経費上乗せ、「橋梁保全工事」新設

  8. 堀江貴文、IoT時代の経営語る!「色んなものを捨てなきゃ」

  9. 国交省・森昌文技監「既にオープンイノベーションの動きは始まっている」

  10. 米国でくら寿司が快進撃を続ける理由

アクセスランキングをもっと見る

page top