農家民宿ツアー、「地域の食」「交流・体験」が人気

インバウンド・地域活性

 都市部から農村を訪れる宿泊者が農家民宿に対して最も期待しているのは「地域の食事」であることが、農協観光と全国農協観光協会が実施した調査で分かった。旅先での食の伝統や文化に触れたいとのニーズが多いとみられ、課題・改善点でも食事内容が上位に入った。一方、農家民宿の経営者からも宿泊者との話題として、農林漁業などの仕事内容に次いで「地域の食」が挙がった。
 農水省の「都市農村共生・対流総合対策交付金」を活用して、2015年度に地域の協議会が実施した農林漁家民宿に関するツアーを検証した。農家民宿の宿泊者を対象にした調査は昨年10月~今年2月に実施。関東、近畿在住者を中心に143人から回答を得た。

 宿泊者が農家に求めること(複数回答)は「地域の食事」が70%を超えた。10代以下と40代、60代、70代以上での支持が高かった。次いで「交流」「農林漁業などの体験」「自然・景観」となった。

 課題・改善点としては「特になし」が27%で、次いで「食事内容」(25%)「体験プログラム」(23%)となった。食事については、地元産の食材や地域特有の食材を使った郷土料理や伝統料理、行事食を取りたいというニーズの高まりがあったという。

 ツアー客を受け入れた農家民宿にも調査を実施したところ、114世帯から回答があった。開業目的として「来訪者との交流を楽しむため」を選んだのが60%を越え最も多かったが、「農業・農村への理解拡大」「所得の向上」も上位を占めた。

 宿泊者と交流する際の話題は農林漁業など仕事の内容に次ぎ、地域の食や自然も挙がった。

 調査に携わった、京都府立大学大学院で共同研究員を務める坊安恵さんは「宿泊者の年代ニーズを踏まえ、PRの仕方を検討する必要がある」と強調。「家族はもちろん、民宿を活用して地域活性化に取り組む地域の協議会や仲間の民宿にも相談するなど、関わりを大切にして持続的な運営をしてほしい」などと提言する。

「地域の食」期待 「交流・体験」も支持 農家民宿ツアー検証 農協観光など調査

《日本農業新聞「e農net」》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. グリーンツーリズム、20年までに年間1300万人目標/経済効果も期待

    グリーンツーリズム、20年までに年間1300万人目標/経済効果も期待

  2. 上諏訪駅東口駅前ビル、1階には 「ツルヤ」が入居

    上諏訪駅東口駅前ビル、1階には 「ツルヤ」が入居

  3. 白金高輪駅近くで、新たな再開発計画、街づくりに向けた動き活発化

    白金高輪駅近くで、新たな再開発計画、街づくりに向けた動き活発化

  4. 地方の行政官と話がしたい! 北海道天塩町の副町長

  5. 地方の行政官と話がしたい! 日南市のマーケティング専門官

  6. 横浜、相模原両市でポスト五輪2大プロ/計画実現の胎動強まる

  7. 名古屋城天守閣、木造復元できるのは世界でこの城だけ!

  8. <シリーズ> 十年で6割超の市場を失った陶磁器産業 (課題編)

  9. 規格外の有機野菜を約3割安く飲食店に提供、廃棄野菜の再生に

  10. 北海道北広島市、日本ハムへ提案のボールパーク構想公表/ショッピングモールやホテルも

アクセスランキングをもっと見る

page top