小学校段階での英語教育や海外体験はなぜ必要? 画像 小学校段階での英語教育や海外体験はなぜ必要?

海外進出

真の国際人を育成

 小・中・高校生を対象に海外教育や留学の支援事業を展開している(株)アイエスエイ。3月東京都内にて「私立小学校 教育イノベーションセミナー」が開催した。
 第一部として、立命館小学校前校長の浮田恭子氏による『立命館小学校のイノベーション「真の国際人を育てる教育」』をテーマとした講演が行われた。
 「今後はいかなる分野に進んでも英語は必要」を前提に、同校が開学以来行ってきた数々の施策を紹介。基本的には、英語の授業は小学1年からオールイングリッシュで行われ、抱負な海外研修制度も設けている。加えて、系列校である立命館アジア太平洋大学に通う海外からの留学生との交流を設けるという点は私学”ならでは”の実践が紹介された。
 第二部は、アイエスエイの国内研修事業部本部長の寺澤ますみ氏による「これからの私立小学校に期待されるグローバル教育のあり方」をテーマとした講演。
 グローバル人材に求められる資質やそうした人材を育むに適した環境の醸成ならびに同社が取り組む支援内容が紹介された。
 「これからのグローバル人材には単なる英語力だけでなく、さまざまなスキルが求められる」(寺澤氏)。
 世界で活躍できる日本人の輩出に力を入れるため、小学校段階での英語教育や海外体験などの重要性はますます高まりを見せいている。
 問い合わせ=(株)アイエスエイ
日本教育新聞

特集

海外進出 アクセスランキング

  1. ~Sakeの海外戦略:1~世界に広がる日本酒、注目のマーケットは?

    ~Sakeの海外戦略:1~世界に広がる日本酒、注目のマーケットは?

  2. マレーシアの今昔~めざましい経済成長とジレンマ~

    マレーシアの今昔~めざましい経済成長とジレンマ~

  3. 【養殖モノを海外で売る!:1】ホタテの次に来そうな魚介類は?

    【養殖モノを海外で売る!:1】ホタテの次に来そうな魚介類は?

  4. ~Sakeの海外戦略:7~ワインのインフラを通じて世界へ

  5. トヨタ、タイで新型「カローラ・アルティス」を発売

  6. 9月のマツダ車タイ販売23%増、1-9月は前年比15%増

  7. 政府、新興国向けのインフラ輸出拡充。投融資規模20兆円に

  8. NEC、光海底ケーブル敷設プロジェクトを受注

  9. 日本方式採用のインド新幹線、総事業費約1.8兆円/オールジャパン体制で事業推進

  10. トリドール、初めてのミャンマー進出!/ヌードルショップで世界展開へ

アクセスランキングをもっと見る

page top