レンタルバイク、外国人富裕層を捉えて急成長! 画像 レンタルバイク、外国人富裕層を捉えて急成長!

インバウンド・地域活性

昨年(2015年)は1900万人を突破し、前年比4割増と右肩上がりで増え続ける訪日外国人観光客。和食、買い物、観光などなど目的は多様化しているが、なかにはバイクツーリングを楽しんでいる外国人ライダーもいる。

よく晴れたバイク日和の4月中旬の日曜日。箱根・十国峠レストハウスの駐車場には、台湾からのツーリンググループがいた。リーダーのコウさんは、台湾の旅行会社に勤め、添乗員として日本を訪れた回数はじつに300回超。日本語も巧みに話し、まさに日本を知り尽くしている。

「仕事で日本の美しい景色や素晴らしい文化に触れているうちに、プライベートでも来たいと思うようになりました。どうせなら大好きなバイクで走りたいと、ツーリングも10回以上しています」

数年前から年に2~3回ほどツーリングし、北海道や九州も走った。さらに、MotoGP日本グランプリや鈴鹿8時間耐久レースも観戦に来るという熱烈なバイク好きのコウさん。富士山周辺を3泊4日でまわる今回はSNSなどを通じ仲間を募り、総勢12名のメンバーでツーリング中だ。

バイクはいつもレンタル。コウさんが定期的に利用しているのはライコランド東雲店のレンタルバイクサービスで、同店によるサポートカーも頼りにしているという。

「メーカーを問わず最新型のバイクを借りることができ、サポートカーをお願いすれば荷物を運んでいただけるし、万が一トラブルがあったときも安心です」

そう話すコウさんが全幅の信頼を寄せているのが、ライコランド東雲店の土屋さん。今回もサポートカーを出して、3泊4日の行程をフルサポートしている。

「レンタルバイクを利用する海外からのお客様はとても増えています。日本へ何度か旅行に来て、もっと特別な体験がしたいと、バイクが好きな方々がツーリングに挑戦しているようです。特徴としては富裕層の方々だと思います。みなさんマナーが良く、ルールを守って楽しんでいただいています」

土屋さんによると、料金は大型バイクを利用して4日間で5万円程度(保険など含む)。グループツーリングの場合は、今回のようにサポートカーを出すこともでき、料金は要相談。途中、お土産を好きなだけ買えるし、道に迷う心配もない。

外国人需要増えるレンタルバイク、富裕層に人気

《青木タカオ》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. <シリーズ> 陶磁器産業復活のシナリオ(事例・常滑編)

    <シリーズ> 陶磁器産業復活のシナリオ(事例・常滑編)

  2. <シリーズ> 陶磁器産業復活のシナリオ (解決戦略編)

    <シリーズ> 陶磁器産業復活のシナリオ (解決戦略編)

  3. 横浜スタジアムの増築改修、オリンピックを踏まえ6000席増設へ

    横浜スタジアムの増築改修、オリンピックを踏まえ6000席増設へ

  4. レッドブル・エアレースで“CHIBA”の都市ブランディングは成功したか?

  5. 五輪後の建設市場は「減少」か「横ばい」…アナリストに聞く

  6. 春日/後楽園駅前地区再開発、教育機関の開校などでランドマークへ

  7. ~地元から日本を盛り上げるキーパーソン~地域プロデュース拠点となる道の駅、地方創生を目指す

  8. <シリーズ> 十年で6割超の市場を失った陶磁器産業 (課題編)

  9. 虎ノ門・麻布台地区再開発、高さ330m複合ビルなど総延べ82万平米計画

  10. 大手町二丁目常盤橋地区再開発、高さ日本一(390メートル)のビル!

アクセスランキングをもっと見る

page top