昼休みバレーが会社のススメ、機械製作所の考える脱生活習慣病 画像 昼休みバレーが会社のススメ、機械製作所の考える脱生活習慣病

人材

 神奈川県が従業員やその家族の健康マネージメントを企業に促進する「CHO(健康管理最高責任者)構想」を推進している。これは従業員の健康管理を企業経営の一部と位置づけするいわゆる「健康経営」を、県内の企業に浸透させていこうとするもの。今回、同構想に参加する昭特製作所に、社員の健康管理への取り組みについて話を聞いてみた。

 神奈川県川崎市に本社を持つ昭特製作所は、昭和19年創業の精密機械をはじめとした機械製作企業。従業員は432名(平成27年6月現在)で、本社の他に宮城県仙台市、広島県福山市などに事業所をおく。放送局などで使われる業務用放送カメラを支えるペデスタル(操作台)、クレーンなどの放送機器アクセサリーでは業界シェアトップの実績を誇るほか、工業材料の強度や特性を調べるための「試験片」製造でも知られた企業だ。

■生活習慣病対策としてプロジェクトチーム発足

 総務部長の都築正彦氏によると、「毎年行っている社員の健康診断で、生活習慣病や高血圧による再検査者が年々増えているのがわかりました」とのこと。この再検査増加に対する対策を考えているなかで、副社長の呼びかけで昨年4月から会社として健康管理に取り組むことになったという。

 具体的には副社長や都築部長などの経営陣、管理職者、若手社員を交えたプロジェクトチームを発足。生活習慣病に対する対策を急務と考え、スポーツ推進を図ったという。

「例えば、社内に以前からあったものの、あまり活動していなかった『屋上クラブ』を充実させました。ベンチプレスなどを用意し、社屋の屋上でフィットネスやスポーツを行うように図ったのです」

《関口賢/HANJO HANJO編集部》

編集部おすすめの記事

特集

人材 アクセスランキング

  1. 船内体験が新入社員を強くする!いま企業が注目する「セイルトレーニング」

    船内体験が新入社員を強くする!いま企業が注目する「セイルトレーニング」

  2. 神奈川県「CHOフォーラム」

    神奈川県「CHOフォーラム」

  3. 都市部の若者人材を求める地方の中小企業に朗報!「UIJターン人材拠点事業」が本格化

    都市部の若者人材を求める地方の中小企業に朗報!「UIJターン人材拠点事業」が本格化

  4. 主要ゼネコンの入社3年以内の定着率、「満足」は・・・

  5. 社員が見た社長の評価! 社長の自己評価と大きな差が

  6. TETSU-1グランプリ初開催! 鉄筋工日本一に松田優作さん

  7. H30年度東京都教員採用選考、倍率4.4倍/中・高共通は7.1倍

  8. ~社歌に出会う旅2~地元密着ビジネスにみる社歌の新活用法/地域や関係者との絆づくりに

  9. 地方創生のカギをにぎる「プロ人材マッチング」/第2回 ITメディアの理解が人材獲得につながる

  10. ゼネコン各社、技術系社員教育を強化。体験型研修施設を整備、海外人材も育成

アクセスランキングをもっと見る

page top