昼休みバレーが会社のススメ、機械製作所の考える脱生活習慣病 画像 昼休みバレーが会社のススメ、機械製作所の考える脱生活習慣病

人材

 神奈川県が従業員やその家族の健康マネージメントを企業に促進する「CHO(健康管理最高責任者)構想」を推進している。これは従業員の健康管理を企業経営の一部と位置づけするいわゆる「健康経営」を、県内の企業に浸透させていこうとするもの。今回、同構想に参加する昭特製作所に、社員の健康管理への取り組みについて話を聞いてみた。

 神奈川県川崎市に本社を持つ昭特製作所は、昭和19年創業の精密機械をはじめとした機械製作企業。従業員は432名(平成27年6月現在)で、本社の他に宮城県仙台市、広島県福山市などに事業所をおく。放送局などで使われる業務用放送カメラを支えるペデスタル(操作台)、クレーンなどの放送機器アクセサリーでは業界シェアトップの実績を誇るほか、工業材料の強度や特性を調べるための「試験片」製造でも知られた企業だ。

■生活習慣病対策としてプロジェクトチーム発足

 総務部長の都築正彦氏によると、「毎年行っている社員の健康診断で、生活習慣病や高血圧による再検査者が年々増えているのがわかりました」とのこと。この再検査増加に対する対策を考えているなかで、副社長の呼びかけで昨年4月から会社として健康管理に取り組むことになったという。

 具体的には副社長や都築部長などの経営陣、管理職者、若手社員を交えたプロジェクトチームを発足。生活習慣病に対する対策を急務と考え、スポーツ推進を図ったという。

「例えば、社内に以前からあったものの、あまり活動していなかった『屋上クラブ』を充実させました。ベンチプレスなどを用意し、社屋の屋上でフィットネスやスポーツを行うように図ったのです」

《関口賢/HANJO HANJO編集部》

編集部おすすめの記事

特集

人材 アクセスランキング

  1. ゼネコン大手5社、下請け業者の社保加入促進に本腰

    ゼネコン大手5社、下請け業者の社保加入促進に本腰

  2. 事業承継の2017年問題:3 50代のうちに考えておかないと間に合わない

    事業承継の2017年問題:3 50代のうちに考えておかないと間に合わない

  3. 社歌に出会う旅 1~豊橋商工会議所「社歌ラップ・ワークショップ」~

    社歌に出会う旅 1~豊橋商工会議所「社歌ラップ・ワークショップ」~

  4. 旅館業の人材不足をどう解決すればいいのか?/第2回 働き方改革「10のキーワード」

  5. 国交省が4月から社保未加入の2次以下下請も排除、指導の猶予期間設定

  6. 中小企業は「ストレスチェック制度」にどう対応し、活用していくべきか?

  7. 働き方改革省庁連絡会議が初会合、8月に適正工期設定ガイドライン策定

  8. 建設キャリアアップシステム、誰のためのものなのか?

  9. 「中小企業の《経営論》」第9回:二代目、三代目経営者だからこそできること

  10. タツミプランニングが「女性用現場監督」ユニホーム導入/街でも恥ずかしくないスタイル

アクセスランキングをもっと見る

page top