【時事エッセイ】新宿駅、インバウンドに向けて表示統一 画像 【時事エッセイ】新宿駅、インバウンドに向けて表示統一

インバウンド・地域活性

 1日の乗降客数が350万人を超える東京の新宿駅。複数の路線が乗り入れ、構内が複雑に入り組んでいるだけに、乗り換え場所などを尋ねている人をよく見かける▼迷う人が多い原因には、駅の構造だけでなく、標識の表示内容のばらつきがある。京王新線の表記は「New Line」と「Shinsen」の2種類があり、外国人には分かりづらい▼最近は東京五輪を控えて各種標識を見直す動きも。国土地理院は3月末に外国人向けの地図記号15種類を指定した。国際観光施設協会はホテル・旅館の外国人客に災害時の避難方法を伝える避難絵図をまとめている▼両者に共通するのは外国人にもなじみのあるモチーフを使い、イメージが湧きやすいよう配慮した点だ。国土地理院のホテルの標識はベッドで眠る人の姿で表現している。どう普及させるかが次の課題だ▼訪日客が増えている今、彼らが安全で快適に過ごせる環境づくりは急務。新宿駅では、都と鉄道事業者らが構内の標識の表示内容を統一し、17年までに付け替えるそうだ。「おもてなしの心」は何も五輪だけに合わせて行われるものではない。

回転窓/表示統一もおもてなし

《日刊建設工業新聞》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. 「イオンモール幕張新都心」前の京葉線新駅が建設決定

    「イオンモール幕張新都心」前の京葉線新駅が建設決定

  2. 月島三丁目北地区再開発、高さ約199メートルの超高層マンションを中心

    月島三丁目北地区再開発、高さ約199メートルの超高層マンションを中心

  3. 阪急電鉄ら3社、宝塚ホテル移転新築、20年春開業へ

    阪急電鉄ら3社、宝塚ホテル移転新築、20年春開業へ

  4. 五反田駅の東口に10階建ての新ビル/アトレとホテルメッツ予定

  5. 和歌山市駅前再開発、ホテルや図書館も

  6. 近大医学部、付属病院、堺市への移転計画/健康・医療分野の民間投資を促進

  7. 二俣川駅南口再開発が完成/総延べ10万平米の大規模複合拠点

  8. 白金高輪駅近くで、新たな再開発計画、街づくりに向けた動き活発化

  9. 愛宕山周辺地区新築計画、220メートルの超高層マンション!

  10. 野菜や花100種以上栽培、岡山市の高校生兼業農家

アクセスランキングをもっと見る

page top