【時事エッセイ】新宿駅、インバウンドに向けて表示統一 画像 【時事エッセイ】新宿駅、インバウンドに向けて表示統一

インバウンド・地域活性

 1日の乗降客数が350万人を超える東京の新宿駅。複数の路線が乗り入れ、構内が複雑に入り組んでいるだけに、乗り換え場所などを尋ねている人をよく見かける▼迷う人が多い原因には、駅の構造だけでなく、標識の表示内容のばらつきがある。京王新線の表記は「New Line」と「Shinsen」の2種類があり、外国人には分かりづらい▼最近は東京五輪を控えて各種標識を見直す動きも。国土地理院は3月末に外国人向けの地図記号15種類を指定した。国際観光施設協会はホテル・旅館の外国人客に災害時の避難方法を伝える避難絵図をまとめている▼両者に共通するのは外国人にもなじみのあるモチーフを使い、イメージが湧きやすいよう配慮した点だ。国土地理院のホテルの標識はベッドで眠る人の姿で表現している。どう普及させるかが次の課題だ▼訪日客が増えている今、彼らが安全で快適に過ごせる環境づくりは急務。新宿駅では、都と鉄道事業者らが構内の標識の表示内容を統一し、17年までに付け替えるそうだ。「おもてなしの心」は何も五輪だけに合わせて行われるものではない。

回転窓/表示統一もおもてなし

《日刊建設工業新聞》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. ソニー旧本社跡地「御殿山エリア」開発/18年3月末にオフィスビル着工へ

    ソニー旧本社跡地「御殿山エリア」開発/18年3月末にオフィスビル着工へ

  2. 【地方発ヒット商品の裏側】鋳物ホーロー鍋の勢力図を塗り替えた「バーミキュラ」

    【地方発ヒット商品の裏側】鋳物ホーロー鍋の勢力図を塗り替えた「バーミキュラ」

  3. 横浜スタジアムの増築改修、オリンピックを踏まえ6000席増設へ

    横浜スタジアムの増築改修、オリンピックを踏まえ6000席増設へ

  4. 西武ライオンズ創設40周年記念、メットライフドーム改修/VIPラウンジや砂かぶり席も

  5. 日本武道館、増築・改修へ実施設計着手/20年東京五輪で柔道、空手の試合

  6. 坂本龍馬記念館リニューアルを高知県が計画……16年夏ごろ新館建設着手

  7. 北海道財務局、札幌・琴似住宅跡地売却の入札公告。12月20日まで参加受付

  8. 山口県・木屋川ダム再開発、環境負荷を低減へ

  9. 森トラスト、土地の魅力を生かすラグジュアリーホテル「翠」発表!

  10. 【新宿つな八(前編)】外国人が行列する天ぷら、その理由

アクセスランキングをもっと見る

page top