【新宿つな八(後編)】国を越える“つな八イズム” 画像 【新宿つな八(後編)】国を越える“つな八イズム”

インバウンド・地域活性

 目の前で天ぷらを揚げるライブ感や伝統ある店構え、リーズナブルなプライスで多くの外国人観光客を集める「天ぷら新宿つな八」。そこでインバウンドに人気となっているプログラムがあるという。それが、つな八と関係のある魚河岸の店を回る築地体験ツアーだ。

■天ぷらの文化を伝える意義

 天ぷら新宿つな八の代表取締役社長 志村久弥氏によると、これは「親子体験食味学習会」として、およそ10年前から行ってきた取り組みが元になっているという。常連客の親子と一緒に築地を訪ね、まずは調理前の食材と触れ合う。その後に好きなものを持ち帰り、つな八の厨房で、実際に彼らが天ぷらを揚げるというものだ。

 その中で、西町インターナショナルスクールという外国人学校との出会いが、今のインバウンドツアーの一つのきっかけになった。魚をさばくこと、下ごしらえをしたタネを油に入れること。それら、一つ一つに子供から保護者までがリアクション良く反応し、高い評判を集めたという。

「ただの食事から一歩踏み込むことを、インバウンドの方々が求めている。そういう認識はずっと持っていましたが、それが確信に変わりましたね。食べるだけでなく、厨房の中に入ってもらうことで、天ぷらという文化の奥深さを知ってもらうこと。そこには大きな意義があると思います」

 つな八ではシズル感を大切にするため、目の前で食材をさばくところから始める。しかし、穴子の仕込みなどでは、時に「え、あの蛇みたいなのを食べるの?」と敬遠されることもあるようだ。他にも、お国柄から一味やカレー粉などを求められることもあるという。

 そこには国によって異なる食文化の問題もあるのだろう。ただ、その中でも天ぷらという文化を伝えることも大切にしていきたいと、志村氏は話す。

《丸田鉄平/HANJO HANJO編集部》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. 近大医学部、付属病院、堺市への移転計画/健康・医療分野の民間投資を促進

    近大医学部、付属病院、堺市への移転計画/健康・医療分野の民間投資を促進

  2. 見えてきた! 品川新駅の骨格、京浜東北線北行きのオーバークロス高架橋

    見えてきた! 品川新駅の骨格、京浜東北線北行きのオーバークロス高架橋

  3. 白金高輪駅近くで、新たな再開発計画、街づくりに向けた動き活発化

    白金高輪駅近くで、新たな再開発計画、街づくりに向けた動き活発化

  4. ~地方発 ヒット商品の裏側~女子高生が生みの親?――「世界で2番めにおいしい焼きたてメロンパンアイス」はどのようにして誕生したか

  5. 五輪後の建設市場は「減少」か「横ばい」…アナリストに聞く

  6. リニア新幹線、静岡県内導水路トンネル新設/南アルプストンネル建設に伴う施策

  7. 北海道北広島市、日本ハムへ提案のボールパーク構想公表/ショッピングモールやホテルも

  8. 世界貿易センタービルディングの解体、160メートルは国内最高層!

  9. 成田空港、周辺自治体が第3滑走路新設に理解

  10. 【地元から日本を盛り上げるキーパーソン】「どうせ無理」をなくす、北海道の元祖下町ロケット

アクセスランキングをもっと見る

page top