1人経営のカフェの武器! タブレット決済でレジ効率化 画像 1人経営のカフェの武器! タブレット決済でレジ効率化

IT業務効率

 小売店や飲食店などの接客業では、現金だけではなくクレジットカードでの支払いに対応することで客層の拡大につながる。支払いでクレジットカードを頻繁に利用する“カード主義”の客を取り込めるからだ。

 店がクレジットカード決済へ対応する場合は、クレジットカード会社等と契約を結び、客のカードを読み取って決済処理する専用機を店内に設置する据え置き型が一般的である。しかしここ数年、専用機の代わりにスマホやタブレットといったモバイル端末を使うモバイル決済サービスを利用する店が増えている。いくつかあるサービスの1つが、2012年にスタートしたコイニー(Coiney)だ。

 コイニーは、手持ちのモバイル端末に専用アプリをインストールし、クレジットカード読み取り機を接続すれば利用可能。読み取り機は手のひらサイズで、モバイル端末のイヤホンジャックにつなぐ。モバイル端末をクレジットカード読み取り機としても利用できるようにし、支払い時に客のカードを読み取り、モバイル端末のタッチ画面で暗証番号の入力や客のサインなどを1台で行える。

 コイニーのクレジットカード決済サービスを導入しているのが、東京都・渋谷の路地裏に店を構えるカフェ「factory(ファクトリー)」。2011年11月にオープンし、当初は据え置き型のクレジットカード決済サービスを利用していたが、翌年、コイニーのサービスに乗り換えた。

 「基本的にものぐさで、手元に紙やデータを持っていたくないんです。そんなときにあるお客様からのご紹介でコイニーを導入しました。私はiPadで利用しているのですが、これが1台あればすべてが済む気軽さがいいですね」と語るのは同店オーナーの西原典夫氏だ。

 それまで利用していたクレジットカード決済サービスは、専用の機械を電話回線につなげなければならず、カウンターの奥のバックヤードに置いていたのだが、「お客様からクレジットカードをお預かりしてバックヤードへ行って処理し、決済伝票とボールペンを持って席へ戻り、お客様からサインをもらって決済伝票を保管しなければならず、なにかと手間がかかりました。ですがコイニーでは、iPadを手にお客様の席ですべて処理できますので圧倒的に楽です。お客様にとってもすべてが目の前ですので安心感があると思います」という。

 また、コイニーはビザ、マスター、セゾン、JCB、アメックス、ダイナースなど主要のクレジットカードブランドに対応し(店舗業態により異なる)、決済手数料は一律3.24%の低さ。「コストを安く抑えられるのもうれしいです」とのことだが、さらに、“カード主義”が多い外国人の利用も増えて1割近くを占めるようになり、野外の露店市場イベントに出店した際にもクレジットカード決済に対応できたのはモバイル活用のコイニーだからこそ。しかし、西原氏にとってメリットはほかにもある。

《加藤宏之/HANJO HANJO編集部》

編集部おすすめの記事

特集

IT業務効率 アクセスランキング

  1. 【中小工場のIoT化最前線:3】稼働状況も職員の体調も見える化!

    【中小工場のIoT化最前線:3】稼働状況も職員の体調も見える化!

  2. 【ITで攻めの農業:1】投資300万円でも儲かるトマト自動栽培

    【ITで攻めの農業:1】投資300万円でも儲かるトマト自動栽培

  3. VR/ARのトレンドとは? 未来を提示する展示会「CES2017」

    VR/ARのトレンドとは? 未来を提示する展示会「CES2017」

  4. 【中小工場のIoT化最前線:2】LCCを実現、武州工業の戦略とは?

  5. 1人経営のカフェの武器! タブレット決済でレジ効率化

  6. 【VRと中小企業:5】VRが即戦力になる中小企業の現場とは

  7. ドローンのモーターは中国製ばかり、ツカサ電工が防水・防塵で勝負

  8. 【スマート林業:4】誰にでも開かれた「材木屋」

  9. 大断面山岳トンネル工事、月進270メートル達成!過去最長記録!!

  10. 【スマート林業:2】経済効果20億、ICTが森林をお金に換える!

アクセスランキングをもっと見る

page top