「桃カップル」誕生、福島と岡山の高校生バウムクーヘン販売 画像 「桃カップル」誕生、福島と岡山の高校生バウムクーヘン販売

インバウンド・地域活性

 桃産地にある福島県立福島明成高校(福島市)と岡山県立高松農業高校(岡山市)が、東日本大震災からの復興と地域活性化を目指し、バウムクーヘン「桃カップル」を共同で開発、販売を始めた。製造、販売に協力した福島市内の専門店「バウムラボ樹楽里」と高松農高で4月末まで販売している。
 福島明成高は、東京電力福島第1原子力発電所事故の「風評被害」の払拭(ふっしょく)に向けて3年前から同店と協力し、校内で生産した農産物を使った3商品を開発。全国に福島産の安全性やおいしさを広めてきた。

 今回の「桃カップル」は、高松農高の生徒が福島明成高の活動を知ったことが開発のきっかけとなった。両県の特産品が桃であることから、福島県の主力品種「あかつき」のジャムと、岡山県の高級品種「清水白桃」のコンポートを生地に練り込んだ2色のバウムクーヘンを作り上げた。

 福島明成高校食品科学科の生徒6人も、同店で現場実習として商品の箱詰めや接客などに対応した。店頭には商品開発に携わった同校の卒業生も来店。木村真菜さん(18)は「本当に発売を楽しみにしていた。家族に買って帰りたい」と喜んだ。

「桃カップル」誕生 福島と岡山の高校生バウムクーヘン販売

《日本農業新聞》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. 世界貿易センタービルディングの解体、160メートルは国内最高層!

    世界貿易センタービルディングの解体、160メートルは国内最高層!

  2. 五輪後の建設市場は「減少」か「横ばい」…アナリストに聞く

    五輪後の建設市場は「減少」か「横ばい」…アナリストに聞く

  3. 和歌山市駅前再開発、ホテルや図書館も

    和歌山市駅前再開発、ホテルや図書館も

  4. 大宮駅グランドセントラルステーション化構想/東西通路や重層的交通広場も

  5. 取手駅西口A街区再開発、「ウェルネス・タウン取手」創造へ

  6. 栃木県で総合スポーツゾーン新スタジアム、天然芝のサッカー場も

  7. 東京女子医大の足立区移転、高度医療提供できる施設へ

  8. 横浜スタジアムの増築改修、オリンピックを踏まえ6000席増設へ

  9. 川越駅前にホテル建設、川越駅とデッキで接続/20年開業予定

  10. 那覇空港中長期構想、滑走路間にターミナルビル移設/旅客需要増加に対応

アクセスランキングをもっと見る

page top