全基連が社団法人「全国基礎工事業団体連合会」として再始動 画像 全基連が社団法人「全国基礎工事業団体連合会」として再始動

制度・ビジネスチャンス

 全国基礎工業協同組合連合会(梅田巖会長)が1日付で一般社団法人となり、名称を「全国基礎工事業団体連合会」に改めて再スタートした。「全基連」の略称はそのまま継続する。北海道、東北、東日本、近畿、中四国、九州、沖縄の全国7カ所の傘下組織は引き続き組合形態で活動を続ける。

全基連/一般社団法人で再始動/名称は「全国基礎工事業団体連合会」に

《日刊建設工業新聞》

編集部おすすめの記事

特集

制度・ビジネスチャンス アクセスランキング

  1. 国交省が電気通信工事の国家資格創設へ、技術検定で制度化/30年ぶりの新種目

    国交省が電気通信工事の国家資格創設へ、技術検定で制度化/30年ぶりの新種目

  2. 国内建設市場は19年にピーク? 建設関連100社アンケート

    国内建設市場は19年にピーク? 建設関連100社アンケート

  3. ~規制緩和が生む新観光業:3~高単価ガイドツアーが売れる理由

    ~規制緩和が生む新観光業:3~高単価ガイドツアーが売れる理由

  4. 主要ゼネコン26社/17年3月期決算/最高益更新相次ぐ、全社が増収見込む

  5. ■ニュース深堀り!■成功する空き家と古民家の再利用ビジネス

  6. 主要ゼネコン26社の16年4~9月期決算、7割近くが粗利益率10%台

  7. 「中小企業の《経営論》」第17回:社員が辞めていってしまう社長が一生懸命に変えたこと

  8. 建設11団体が賀詞交換会/日建連・山内隆司会長「働き方改革実現に一丸」

  9. 国交省/技術検定受験要件、職業訓練を実務経験に認定/2年で短大卒扱い

  10. ~あたらしい訪問型ビジネス:1~老人ホームが薬局の“顧客”になる日

アクセスランキングをもっと見る

page top