グローバル意識を高めるために。奈良の高校と英・有名大学との交流企画 画像 グローバル意識を高めるために。奈良の高校と英・有名大学との交流企画

制度・ビジネスチャンス

海外一流大学の学生と5日間の交流プログラム

 進学校として実績の高い西大和学園(奈良県)は3月、オックスフォード大学、ケンブリッジ大学の学生10名を学校に招き、希望する生徒57名(中3生38名、高1生19名)への5日間の交流企画「エンパワーメントプログラム」を実施した。
 同学園と留学事業の大手、(株)アイエスエイが共同で企画。生徒5~6名に1人の学生が担当し、「高齢化社会を考える」や「世界の諸問題」など、リベラルアーツの要素も交えたディスカッションやプレゼンテーションなど、全て英語で行われるプログラムだ。「生徒がグローバル社会でたくましく生きて欲しい」「世界で起きていることと自分との関わりへの気付いてほしい」という学校側の狙いもある。
 プログラム最終日には、「将来の夢」をテーマに3分程度のプレゼンテーションを実施。見学していた保護者は、「5日間で英語がみるみる上達していた。英語が好きになっているのに加えて、心の成長も感じられた」と成果を話していた。
 プログラム終了後には、学生と生徒、保護者による交流会「カレッジフェア」も行われ、学生によるプレゼンテーションや生徒との活発な質疑応答が行われ、会場は盛り上がりを見せていた。
 アイエスエイ社は生徒のグローバルへの意識を高めてもらうため、同プログラムを全国の学校にも広めたい意向だ。
 問い合わせ=(株)アイエスエイ国内研修事業部 Tel03・5463・7548
日本教育新聞

編集部おすすめの記事

特集

制度・ビジネスチャンス アクセスランキング

  1. 誘因(給与)と貢献(労働)のバランスをどう取ればいいのか?

    誘因(給与)と貢献(労働)のバランスをどう取ればいいのか?

  2. 国交省、旧38条認定建物の増改築規制緩和、大掛かりな工事不要に

    国交省、旧38条認定建物の増改築規制緩和、大掛かりな工事不要に

  3. 大林組が「森林と共に生きる街」建設構想発表/中山間地での持続可能な街づくり提案

    大林組が「森林と共に生きる街」建設構想発表/中山間地での持続可能な街づくり提案

  4. 「2017年版 中小企業白書」と、創業支援策の課題(前編)

  5. 炊きたてを出先でも!/弁当用の炊飯機能付き容器が好評

  6. 今年のクリスマスケーキは、たっぷりのイチゴが魅力!/定番のショートケーキを強化

  7. 主要ゼネコン26社/17年3月期決算/最高益更新相次ぐ、全社が増収見込む

  8. 原稿料、講演料、コンサル報酬など支払うとマイナンバーが必要?

  9. お客さまとの距離が近い!年賀はがきのDMが支持される意外な理由

  10. 日清食品が滋賀県栗東市に新工場、50%以上の省人化でコスト削減

アクセスランキングをもっと見る

page top