山口県光市が新総合病院の建設実施設計技術協力業務プロポ公告。ECI方式 画像 山口県光市が新総合病院の建設実施設計技術協力業務プロポ公告。ECI方式

制度・ビジネスチャンス

 山口県光市病院局は1日、「新光総合病院建設事業に係る実施設計技術協力業務」の委託先を選定する公募型プロポーザルを公示した。事業の設計段階から施工者が関与するECI(アーリー・コントラクター・インボルブメント)方式を採用。20日まで参加表明を受け付け、6月13日まで技術提案を求める。同25日にプレゼンテーション・ヒアリングを行い、7月5日に最優秀者を選定する。履行期限は17年3月24日。業務委託料は450万円が上限。
 市は、光総合病院移転新築の実施設計を行うに当たり、施工業者の優れた技術や豊富な経験に基づいた病院建築の実績を、市病院局、実施設計者と共同で実施設計に取り入れていくECI方式を採用。公募型プロポーザル方式で技術協力者を選定し、実施設計が完了した後、技術協力者から見積もりを徴集し、工事請負契約の交渉を行う。実施設計は基本設計を行った昭和設計と随意契約する予定。
 参加は単体とし、経営事項審査の「建築一式」での総合評定値が1700点以上あること。一般病床が200床以上かつ延べ1万5000平方メートル以上の病院の新築または改築工事の施工実績を有することなどが条件。技術協力者に選定された者は、3カ月以内に建築工事Aランクの市内業者2者以内とJVを結成することを求めている。
 移転先は光ヶ丘のひかりソフトパーク内の敷地約3万2000平方メートル。RC造4階(塔屋1階)建て延べ約1万7680平方メートルの新病棟のほかに託児所、カルテ庫、マニホールド庫、非常用発電機室などを整備する。
 事業期間は、実施設計が16年7月~17年3月、建設工事が同4月~19年3月を予定しており、同5月の開院を目指す。概算事業費は72億8000万円。

山口県光市/新総合病院建設実施設計技術協力業務プロポ公告/ECI方式

《日刊建設工業新聞》

編集部おすすめの記事

特集

制度・ビジネスチャンス アクセスランキング

  1. 誘因(給与)と貢献(労働)のバランスをどう取ればいいのか?

    誘因(給与)と貢献(労働)のバランスをどう取ればいいのか?

  2. お客さまとの距離が近い!年賀はがきのDMが支持される意外な理由

    お客さまとの距離が近い!年賀はがきのDMが支持される意外な理由

  3. 原稿料、講演料、コンサル報酬など支払うとマイナンバーが必要?

    原稿料、講演料、コンサル報酬など支払うとマイナンバーが必要?

  4. 国交省が電気通信工事の国家資格創設へ、技術検定で制度化/30年ぶりの新種目

  5. 「中小企業の《経営論》」第5回:「トップダウン」と「ボトムアップ」のバランスと使い分け

  6. 主要ゼネコン26社/17年3月期決算/最高益更新相次ぐ、全社が増収見込む

  7. 国内建設市場は19年にピーク? 建設関連100社アンケート

  8. 今年のクリスマスケーキは、たっぷりのイチゴが魅力!/定番のショートケーキを強化

  9. ~あたらしい訪問型ビジネス:2~美容サロンが育児ママを救う!

  10. 大林組が「森林と共に生きる街」建設構想発表/中山間地での持続可能な街づくり提案

アクセスランキングをもっと見る

page top