『子ども・青少年のスポーツライフ・データ』最新刊プレゼント 画像 『子ども・青少年のスポーツライフ・データ』最新刊プレゼント

制度・ビジネスチャンス

 「スポーツ・フォー・エブリワン」をスローガンに市民スポーツ(生涯スポーツ)の育成のための支援を行っている笹川スポーツ財団(小野清子理事長)。
 「子どものスポーツライフ・データ2015」(4~9歳のスポーツライフに関する調査報告書)、「青少年のスポーツライフ・データ2015」(10代のスポーツライフに関する調査報告書)をこのほど、Amazonブックストアなどで発売した。
 同財団は、10代の青少年を対象にした本調査を2001年から、4~9歳を対象にした本調査を2009年から実施している。
 これにより、全国の幼児から青少年までの連続した年代の「実施頻度」、「実施時間」や「運動強度」から見た「運動・スポーツ実施レベル」をはじめ、スポーツ施設やスポーツボランティア、好きなスポーツ選手などのスポーツライフの現状を継続的に調査し、同報告書にまとめることができた。
 また、今回のメーントピックとして、子どもたちのスマホなどのメディアの利用状況や、家族との運動・スポーツ、オリンピック・パラリンピックのイメージなども取り上げている。
 同財団は、同書籍の刊行を記念して「子どものスポーツライフ・データ 2015」、「青少年のスポーツライフ・データ2015」を各5冊、読者にプレゼントキャンペーンを実施する。

応募方法
 本のタイトル、送り先、氏名、職業を明記の上、〒107―6011 東京都港区赤坂1―12―32 アーク森ビル11階 笹川スポーツ財団「スポーツライフ・データ」プレゼント係まで。
 応募締め切りは4月15日。
日本教育新聞

編集部おすすめの記事

特集

制度・ビジネスチャンス アクセスランキング

  1. 朝ドラ『べっぴんさん』に見る、うまくいく “両輪経営”

    朝ドラ『べっぴんさん』に見る、うまくいく “両輪経営”

  2. 本日の新聞から:トヨタがディーゼル、ホンダがシビックを復活、MRJ順調など

    本日の新聞から:トヨタがディーゼル、ホンダがシビックを復活、MRJ順調など

  3. 地方の工事減少深刻-10年で出来高4割減も、東京一極集中が強まる

    地方の工事減少深刻-10年で出来高4割減も、東京一極集中が強まる

  4. 国交省の社保未加入対策、現場入場規制で再周知。一覧表や一問一答を用意

  5. 【防災という新ビジネス:1】定番商品に再ブレイクのチャンス!

  6. 厚労省が高所作業で安全帯のフルハーネス型を原則化へ

  7. 【防災という新ビジネス:2】非常食はパッケージでアピール!

  8. 【果物お土産ビジネス:1】爆買いと制度が変える果物ニーズ

  9. 【防災という新ビジネス:3】高品質多品種でニーズをつかむ!

  10. リニア新幹線南アルプストンネル導水路を建設、全体工程7年想定

アクセスランキングをもっと見る

page top