新潟県魚沼市の新庁舎設計、石本建築事務所JVに 画像 新潟県魚沼市の新庁舎設計、石本建築事務所JVに

インバウンド・地域活性

 新潟県魚沼市は28日、「魚沼市新庁舎建設基本設計及び実施設計業務委託」の公募型プロポーザルで、最優秀者に石本建築事務所・千葉学建築計画事務所JVを最優秀者に選定したと発表した。市は今後、最優秀者との契約に向けて手続きを進める。最終審査に進んだのは最優秀者を含め5者。次点の優秀者にはSALHAUSを選んだ。
 石本建築事務所JVは、5者のなかで唯一、制震構造を提案。その理由として魚沼市が全国有数の豪雪地帯であり、屋根の堆雪状況に影響を受けずに安定した耐震性能を確保できること、免震構造よりも5億円ほど工事費を安くできることを挙げた。
 このほか、PC梁の採用により建物中央部の執務エリアを柱のない空間を実現できること、雪国の特性に配慮した雁木テラスを設けることを提案した。
 建物は4階建て。1~3階が執務エリアで4階には機械室を配置する。
 建設場所は小出島910番地ほかで、敷地面積は約1万8000平方メートル。庁舎の規模は延べ1万平方メートル以内で概算工事費は約50億円を想定している。設計の契約限度額は1億6000万円(税込み)で、履行期限は17年12月28日。

新潟県魚沼市/新庁舎設計/石本建築事務所JVに

《日刊建設工業新聞》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. これはプレミアム!「本物の広島菜古漬け」再現/広島県の6駅で限定販売

    これはプレミアム!「本物の広島菜古漬け」再現/広島県の6駅で限定販売

  2. リニア新幹線、南アルプストンネル最後の工区着工へ

    リニア新幹線、南アルプストンネル最後の工区着工へ

  3. 近大医学部、付属病院、堺市への移転計画/健康・医療分野の民間投資を促進

    近大医学部、付属病院、堺市への移転計画/健康・医療分野の民間投資を促進

  4. 木炭で盆栽づくり! 「炭盆(すみぼん)」が地域の新名物に

  5. リンゴの発泡酒「シードル」急成長! 収益性が魅力

  6. 入場者数9年連続増、官民一体で城下町再生…愛知・犬山城

  7. 札幌市・北4東6周辺地区の再開発、19年3月の完成を目指す

  8. 上諏訪駅東口駅前ビル、1階には 「ツルヤ」が入居

  9. 東芝大阪工場跡開発、スマートコミュニティ構想実現へ

  10. 日本ハムファイターズ新球場のイメージ公表/スタジアム核に複合施設整備

アクセスランキングをもっと見る

page top