戸田建設が山岳トンネル向け突起レスロックボルト開発、覆工コンクリのひび割れ抑制 画像 戸田建設が山岳トンネル向け突起レスロックボルト開発、覆工コンクリのひび割れ抑制

IT業務効率

 戸田建設は25日、山岳トンネルの支保工に使う新型ロックボルトを開発したと発表した。ボルト頭部に付ける固定材の形状を工夫することで、吹き付けコンクリート面からの突起部を従来の3センチ程度からほぼゼロにできるのが特徴。覆工コンクリートの施工で突起部に起因するひび割れを抑制できるほか、打設時の防水シートの破損・空洞発生も防止でき、コンクリートの品質向上につながる。
 従来のロックボルトの頭部は、六角ナットで固定しロックボルトカバーを設置する方法が一般的。ただ、この方法では3センチ程度の突起部が発生するため、若材齢のコンクリートの温度応力や乾燥収縮に伴う変形の拘束に起因したひび割れの発生などが課題とされる。
 開発した「突起レスロックボルト」は、丸形ワッシャーと特殊なテーパーナットなどで構成。ワッシャーを円形にし端部を面取り加工しているため、角部による防水シートの破損がない。ロックボルトカバーの設置も不要。テーパーナットの4カ所に増し締め穴を設け、専用のラジェットレンチで簡単に施工できる。
 公的機関による試験の結果、従来品と同等の引き抜き耐力があることを確認。静岡県発注の「(仮)浜当目トンネル」で試験施工を行い、打設、頭部固定、増し締め、ナット外しなどの施工性も確認した。総合評価方式の入札で発注される山岳トンネル工事で、防水工や覆工コンクリートの品質向上対策として積極的に採用を提案していく。
 外部への販売も計画し、カテックス(名古屋市中区、加藤巳千彦社長)が今秋以降に販売を開始する予定。国土交通省のNETIS(新技術情報提供システム)への登録も同時期に予定している。

戸田建設/山岳トンネル向け突起レスロックボルト開発/覆工コンクリのひび割れ抑制

《日刊建設工業新聞》

編集部おすすめの記事

特集

IT業務効率 アクセスランキング

  1. 【CEATEC 15】アジア最大級のIT総合展、明日開幕

    【CEATEC 15】アジア最大級のIT総合展、明日開幕

  2. 3Dプリンターでコンクリの大型建築物部材を製作!

    3Dプリンターでコンクリの大型建築物部材を製作!

  3. 仕入れし過ぎた! 在庫が減らない!……困ったときの在庫買取

    仕入れし過ぎた! 在庫が減らない!……困ったときの在庫買取

  4. ~ポストものづくり時代:1~伝統工芸を現在とシンクロさせる

  5. 大林組がSCIMを初導入、パナソニックらのスマートシティー計画に

  6. みずほ銀行とソフトバンク、AI活用で個人向け融資会社新設!

  7. ユーザーに利便性を、ECサイトに売上をもたらすフィンテック

  8. 大林組がIoTやAI活用のビル管理システムの開発へ、ウェルネス建築の一環

  9. 国交省、ICT活用で下水管維持管理を効率化/ビッグデータ解析で絞り込み

  10. モノづくりの課題を解決、“共創型”商品企画・量産支援サービス

アクセスランキングをもっと見る

page top