三井住友建設が直径69mのアルミドーム設置。国内最大、製油所浮き屋根式タンクに 画像 三井住友建設が直径69mのアルミドーム設置。国内最大、製油所浮き屋根式タンクに

IT業務効率

 三井住友建設は、JXエネルギー大分製油所(大分市)の浮き屋根式タンク(内径69メートル、高さ17・69メートル)に、国内最大となる直径69メートルのアルミニウム合金製ドームを設置した=写真。石油製品備蓄タンクの雨水浸入対策工事。アルミ合金製のフレームとパネルで構成する「ウルトラドーム」(米国ウルトラフロート社の登録商標)を適用した。三井住友建設が60メートルを超す大型危険物タンクにウルトラドームを適用したのは4基目。
 ウルトラドームは、アルミ合金製の三角形状の骨組みを組み合わせたフレームと、このフレームを被覆するアルミ合金製パネルで構成する半球形構造物。耐候性に優れ、防食処置が不要なため、ライフサイクルコストを大幅に縮減できるという。軽量で既存タンク本体や基礎への負担が少ないのも特徴。組み立てはボルト接合のため、短期間で容易に施工できる。
 浮き屋根式タンクにウルトラドームを設置することで、雨水の浸入を防ぎ、水の混入による貯蔵物への悪影響を回避できる。強風や降雨、降雪により浮き屋根が揺動しなくなったり、浮き屋根の塗装の耐久性が高まったりするなどのメリットを発揮する。
 三井住友建設は1999年に上水道タンクにウルトラドームを国内で初めて採用した。10年に危険物保全技術協会の性能評価を取得し、直径120メートルまでの危険物タンクに適用可能。これまでに62基の施工実績を持つ。今後も豊富な設計施工ノウハウを生かし、ウルトラドームを浮き屋根式タンクの屋根構造物として積極提案していく考えだ。

三井住友建設/直径69mのアルミドーム設置/国内最大、製油所浮き屋根式タンクに

《日刊建設工業新聞》

編集部おすすめの記事

特集

IT業務効率 アクセスランキング

  1. ~地方発ヒット商品の裏側~破綻しかけた老舗旅館を立て直す、IT化が生んだ“おもてなし”の新たな形

    ~地方発ヒット商品の裏側~破綻しかけた老舗旅館を立て直す、IT化が生んだ“おもてなし”の新たな形

  2. 【VRと中小企業:2】建設工期短縮でコスト相殺、安全性向上!

    【VRと中小企業:2】建設工期短縮でコスト相殺、安全性向上!

  3. サービス業のIT利用最前線!4 利用者、事業者ともにハッピーな予約台帳

    サービス業のIT利用最前線!4 利用者、事業者ともにハッピーな予約台帳

  4. 外食産業の生産性向上~エヴァンジェリストからの提言(後編)

  5. 外食産業の生産性向上~エヴァンジェリストからの提言(前編)

  6. ~中小工場のIoT化最前線:1~見える化で生産性を向上!

  7. ~ITで強い商店街を作る:1~地域ポイントサービスとその先

  8. 「ものづくり中小企業」の真のつよみ

  9. 「クラウドファンディング×3Dプリンター」で自己変革するソニー

  10. 漁港建協が作業船位置・回航情報システムの運用開始。災害対応迅速化、生産性10%向上

アクセスランキングをもっと見る

page top