民泊の強い味方登場!? 驚きのスマートロック(後編) 画像 民泊の強い味方登場!? 驚きのスマートロック(後編)

IT業務効率

 今後、大きな需要の伸びが期待されるインバウンド向けに、スマートロックの活用に乗り出している企業もある。アパートの企画販売を手がける、株式会社インベスターズクラウドもそのひとつだ。

 インベスターズクラウドは“アプリではじめるアパート経営”を謳う会社。自社開発したアパート経営プラットフォーム「TATERU」を通じ、土地情報の提供から、アパートの企画、施工、賃貸管理まで、スマートデバイスを使ったワンストップサービスで評判を得てきた。

 インベスターズクラウドが今後、戦略の中心に据えているのがスマートドアホン「TATERU kit」の開発と実用化。「TATERU kit」とは同社社長の古木大咲氏によれば次のようなものだ。

「室内に設置したタブレットやスマートフォンと連動し、外出先からでも動画を見ながら受話応対、不在時の室内確認するというのが機能の中心。タブレットによるセントラルコントロールで様々なスマート家電との連携も図れますので、帰宅前にスマホからクーラーを入れておいたりすることもできます」

 いってみれば家中のリモコンを一まとめにして、外出先からでも使えるようにしたもの。そこに、スマートロックの機能を搭載しようというのは、いわば自然な流れだろう。今年1月にQrioと技術提携し、スマートロックのシステムを活用している。

■民泊の物件管理を無人化する

 古木社長が「TATERU kit」にスマートロックを搭載したのは、「リモコン一元化」を目指したからというわけではない。今後インバウンド向けに需要が見込まれる民泊で活用しようと考えているのだ。

《HANJO HANJO編集部》

編集部おすすめの記事

特集

IT業務効率 アクセスランキング

  1. LINE対抗と騒がれるも実際は?キャリア3社が共同開発した「+メッセージ」とは?

    LINE対抗と騒がれるも実際は?キャリア3社が共同開発した「+メッセージ」とは?

  2. 新時代の交通の実現を目指し「AI運行バス」実証実験を実施/会津若松

    新時代の交通の実現を目指し「AI運行バス」実証実験を実施/会津若松

  3. 国交省が「i-Con大賞」授与式、大臣賞は砂子組とカナツ技建工業

    国交省が「i-Con大賞」授与式、大臣賞は砂子組とカナツ技建工業

  4. 日本のものづくり史……大学生向け講座

  5. ~ITで強い商店街を作る:1~地域ポイントサービスとその先

  6. 沖縄の訪日観光客はなぜ、ICリストバンドを装着しているのか?

  7. コンチネンタルの次世代車載レーダーモジュールにフリースケールの77GHz技術を統合

  8. 立って乗るトランスポーター、セグウェイよりも安定感が

  9. 売上1億円のカベ、10億円のカベってなに?(続編)

  10. 逃すな国産ポテチ需要!北海道 、加工用ジャガ増産へ 

アクセスランキングをもっと見る

page top