民泊の強い味方登場!? 驚きのスマートロック(後編) 画像 民泊の強い味方登場!? 驚きのスマートロック(後編)

IT業務効率

 今後、大きな需要の伸びが期待されるインバウンド向けに、スマートロックの活用に乗り出している企業もある。アパートの企画販売を手がける、株式会社インベスターズクラウドもそのひとつだ。

 インベスターズクラウドは“アプリではじめるアパート経営”を謳う会社。自社開発したアパート経営プラットフォーム「TATERU」を通じ、土地情報の提供から、アパートの企画、施工、賃貸管理まで、スマートデバイスを使ったワンストップサービスで評判を得てきた。

 インベスターズクラウドが今後、戦略の中心に据えているのがスマートドアホン「TATERU kit」の開発と実用化。「TATERU kit」とは同社社長の古木大咲氏によれば次のようなものだ。

「室内に設置したタブレットやスマートフォンと連動し、外出先からでも動画を見ながら受話応対、不在時の室内確認するというのが機能の中心。タブレットによるセントラルコントロールで様々なスマート家電との連携も図れますので、帰宅前にスマホからクーラーを入れておいたりすることもできます」

 いってみれば家中のリモコンを一まとめにして、外出先からでも使えるようにしたもの。そこに、スマートロックの機能を搭載しようというのは、いわば自然な流れだろう。今年1月にQrioと技術提携し、スマートロックのシステムを活用している。

■民泊の物件管理を無人化する

 古木社長が「TATERU kit」にスマートロックを搭載したのは、「リモコン一元化」を目指したからというわけではない。今後インバウンド向けに需要が見込まれる民泊で活用しようと考えているのだ。

《HANJO HANJO編集部》

編集部おすすめの記事

特集

IT業務効率 アクセスランキング

  1. 大林組、AI活用技術の開発体制強化/AIやIoTで生産性を向上

    大林組、AI活用技術の開発体制強化/AIやIoTで生産性を向上

  2. 東北整備局、ドローンによる被害状況動画撮影でポイント集作成へ

    東北整備局、ドローンによる被害状況動画撮影でポイント集作成へ

  3. 後発薬の普及で収益が圧迫する製薬業界。今期の研究開発投資は?

    後発薬の普及で収益が圧迫する製薬業界。今期の研究開発投資は?

  4. 3Dプリンターで、農家好みのキャベツを作る!

  5. 【今流スマホ予約・前編】“スマホ→即予約”が外食を変える!?

  6. トンネル工事用の切羽前方探査システム、3次元モニタリングで安全確保

  7. ウェブ接客ツール、自治体にも…広島県竹原市が38団体横断導入

  8. FCフォークリフト、関西国際空港にて実証開始…豊田自動織機

  9. 菅公学生服の社団法人、「教育ソリューション事業」を目指す

  10. “空気を読む”AIを目指す/ホンダが考える AIとは?

アクセスランキングをもっと見る

page top