【時事エッセイ】シンギュラリティの世界 画像 【時事エッセイ】シンギュラリティの世界

IT業務効率

 AI(人工知能)の話題が紙面をにぎわせている。囲碁で世界トップクラスの棋士を負かし、AIが創作した小説が文学賞の予選を通過した▼将棋やチェスなどではAIが人間のチャンピオンに勝ったことはあった。ただ、囲碁はルールの複雑さと棋譜の多様さから、プロ棋士を負かすには数年かかると言われていただけに、今回の勝利は技術進歩の速さを示したと言える▼AIはどこまで進化するのか。人間の知能を超え、自ら意思を持つようになるのか。技術開発と進化の主役が人間からコンピューターに移る特異点を「シンギュラリティ」という。それが2045年に来るとの説がある▼昨年6月に総務省の研究会がまとめた報告書では、45年には「人間に伍する機能を持つAIは実現されないとの認識が主だった」とある。ただ、より長期を考えると人間を超えるAIが実現し得るとも▼物理学者ホーキング博士は「完全なAIを開発できたら、それは人類の終焉を意味する」と発言している。進化したAIが人間を攻撃するのは映画の世界だけだと思うが、AIが今後どう活用されていくか、興味は尽きない。

回転窓/シンギュラリティの世界

《日刊建設工業新聞》

編集部おすすめの記事

特集

IT業務効率 アクセスランキング

  1. 米国でくら寿司が快進撃を続ける理由

    米国でくら寿司が快進撃を続ける理由

  2. ニフティ×いいちこのIoT活用アンケートシステム、お披露目

    ニフティ×いいちこのIoT活用アンケートシステム、お披露目

  3. 中国でロボット導入が過熱! 6万人を置き換える工場も!

    中国でロボット導入が過熱! 6万人を置き換える工場も!

  4. 多関節ロボット、成功のポイントは?

  5. マイカーやめて自動運転タクシーへ、日本人の半数以上が選択の可能性

  6. 竹中工務店、JAXAら/盛り土締め固め自動RI試験ロボット開発/所要時間15%短縮

  7. ロボットアームを装備したドローン、プロドローンが開発

  8. 泥汚れに強い洗濯機を開発!家電メーカーと農業女子コラボ

アクセスランキングをもっと見る

page top