環境省の中間貯蔵施設、20年度までに半分強を搬入。近く初弾の本体工を入札公告 画像 環境省の中間貯蔵施設、20年度までに半分強を搬入。近く初弾の本体工を入札公告

インバウンド・地域活性

 福島第1原発事故に伴う福島県内での放射性物質の除染作業で出た汚染土や廃棄物などについて、環境省は2020年度までに中間貯蔵施設(大熊、双葉両町)に最終貯蔵見込み量(2200万立方メートル)の半分強に当たる最大1250万立方メートルを搬入する計画を固めた。同省は近く、中間貯蔵施設の初弾の本体工事の入札手続きを公告。16年度以降、この計画を着実に達成できるように中間貯蔵施設の工事を順次発注する。
 環境省が固めた中間貯蔵施設の整備に関する今後5カ年の工程表によると、中間貯蔵施設への汚染土などの本格輸送を始める16年度は、最大15万立方メートル(試験輸送との累計20万立方メートル)を搬入。17年度は30万~50万立方メートル、18年度は90万~180万立方メートル、19年度は160万~400万立方メートル、20年度は200万~600万立方メートルをそれぞれ搬入する計画。現時点で搬入完了時期は決まっていない。
 福島県内の除染は放射性物質汚染対処特別措置法に基づき、福島第1原発周辺の生活圏を環境省、その外周の生活圏を市町村が実施主体となって進めている。
 環境省によると、16年度に始まる中間貯蔵施設への汚染土などの本格輸送も、原発周辺の生活圏に仮置きされた汚染土などの輸送を環境省、その外周の生活圏に仮置きされた汚染土などの輸送を市町村が進める。

環境省/中間貯蔵施設、20年度までに半分強搬入/近く初弾本体工の入札公告

《日刊建設工業新聞》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. <シリーズ> 陶磁器産業復活のシナリオ(事例・常滑編)

    <シリーズ> 陶磁器産業復活のシナリオ(事例・常滑編)

  2. 横浜スタジアムの増築改修、オリンピックを踏まえ6000席増設へ

    横浜スタジアムの増築改修、オリンピックを踏まえ6000席増設へ

  3. 五輪後の建設市場は「減少」か「横ばい」…アナリストに聞く

    五輪後の建設市場は「減少」か「横ばい」…アナリストに聞く

  4. 入場者数9年連続増、官民一体で城下町再生…愛知・犬山城

  5. 近大医学部、付属病院、堺市への移転計画/健康・医療分野の民間投資を促進

  6. 名古屋市・錦二丁目7番街区再開発、超高層マンションで街を活性化

  7. <シリーズ> 陶磁器産業復活のシナリオ (解決戦略編)

  8. 狙え、インバウンド需要! ホテル業界の事業戦略を追う

  9. 羽田空港跡地開発、2020年の新しい街づくりへ

  10. 8兆円のインバウンド市場を獲得せよ!~地域観光商品とB2B商談会~

アクセスランキングをもっと見る

page top