【時事エッセイ】江戸のゴミ問題 画像 【時事エッセイ】江戸のゴミ問題

インバウンド・地域活性

 時は元禄9(1696)年、弥生終わりの29日。江戸にあふれるゴミ問題で、幕府は大きな決断をしたのであった…▼江戸幕府が開かれてほぼ1世紀がたった5代将軍綱吉の時代、江戸の町は人口の急増で市中にゴミがあふれ、衛生状態も極度に悪化していたそうだ。苦慮した幕府は、江戸市中のゴミ捨て場として隅田川河口の永代島付近(現在の東京都江東区永代)に目を付け、3月29日(グレゴリオ暦4月30日)、ゴミを利用した埋め立てを許可した▼江戸でゴミ問題が深刻化し始めたのは1600年代半ばごろ。ゴミで道路を補修してはいけない、下水溝にゴミを捨ててはいけないといったお触れを出したが、社会が安定し人々の暮らしが豊かになるにつれ、ゴミ問題はますます大きくなり、埋め立てという策に行き着いた▼永代島の埋め立てはゴミの分別やリサイクルといった仕組みを生み出した。さらに1698年に架けられた永代橋。約20年後に財政難で廃止されそうになったが、町が維持補修費を全額負担する条件で存続を許された▼ゴミ処理にインフラの維持管理。結局、歴史は繰り返すということか。

回転窓/江戸のゴミ問題

《日刊建設工業新聞》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. セグウェイ超えられるか? 滋賀のベンチャーがハンドル操作の電動一輪バイクを市販へ

    セグウェイ超えられるか? 滋賀のベンチャーがハンドル操作の電動一輪バイクを市販へ

  2. JR上野駅公園口移設計画、円滑な動線確保へ/東京五輪までに

    JR上野駅公園口移設計画、円滑な動線確保へ/東京五輪までに

  3. 造幣局東京支局跡開発、大学を誘致する方針

    造幣局東京支局跡開発、大学を誘致する方針

  4. <シリーズ> 陶磁器産業復活のシナリオ(事例・常滑編)

  5. 「爆買いツアー」終焉で貸切バス需要が急減。バス業界の今後は?

  6. 大手町二丁目再開発、東京駅日本橋口で高さ日本一の大型開発が始動!

  7. リニア新幹線の「神奈川県駅」(仮称)、地下3層構造

  8. 羽田空港第2旅客ターミナル国際線対応施設、南側増築で機能強化

  9. 北海道北広島市、日本ハムへ提案のボールパーク構想公表/ショッピングモールやホテルも

  10. 狙え、インバウンド需要! ホテル業界の事業戦略を追う

アクセスランキングをもっと見る

page top