大林組がSCIMを初導入、パナソニックらのスマートシティー計画に 画像 大林組がSCIMを初導入、パナソニックらのスマートシティー計画に

IT業務効率

 大林組は、BIM(ビルディング・インフォメーション・モデリング)の発展形と言える独自技術「スマートシティーインフォメーションモデリング(SCIM)」を、パナソニックや野村不動産が横浜市港北区に開発する次世代都市型スマートシティー「Tsunashimaサスティナブル・スマートタウン」=完成イメージ=に初導入する。開発事業者らと共にSCIMを基盤とするスマートタウンを構築し、18年の街開き以降に試験運用を行う。=4面に関連記事
 SCIMは、構造物の3次元データを駆使するBIMの領域を、エネルギー網、情報通信(IT)網といった都市の構成要素すべてに拡大した技術。街の中に立つ複数の建物のエネルギー需給状況などを一元管理できる。同社は本格運用に先駆け、東京都清瀬市の技術研究所に構築して実証を進めていた。
 花井孝文専務執行役員は「実際に街全体でチャレンジする機会を得た。街に定着して運用をサポートすることで技術を進化させる。今後もスマートシティーやコンパクトシティーに有効な技術として提案していきたい」と話している。

大林組/SCIMを初導入/パナソニックらのスマートシティー計画(横浜市港北区)に

《日刊建設工業新聞》

編集部おすすめの記事

特集

IT業務効率 アクセスランキング

  1. 2018年の診療報酬改定、生き残りのカギはICT活用/国際モダンホスピタルショウ

    2018年の診療報酬改定、生き残りのカギはICT活用/国際モダンホスピタルショウ

  2. 国交省、i-Con推進へロゴマーク作成/変わる現場の魅力発信

    国交省、i-Con推進へロゴマーク作成/変わる現場の魅力発信

  3. 古河ロックドリルが新型ドリルジャンボを開発。リニア新幹線を視野に、最大出力が25%向上

    古河ロックドリルが新型ドリルジャンボを開発。リニア新幹線を視野に、最大出力が25%向上

  4. 分身として使えるロボット「OriHime」をビジネスレンタル!ロボット活用サービスのアイデア募集

  5. 君津市に全国最大級のドローン飛行場/アイネットら4者、ドローン事業包括受注へ

  6. 外食産業の生産性向上~テクノロジーを付加価値へとつなげるために

  7. ~スマート林業:1~最先端テクノロジーで未来志向へ

  8. 西武建設と岩崎がVR技術活用の安全教育システム開発。現場を3D再現、気づき体感

  9. LINEがインドネシア大手銀行と提携、モバイル決済取引サービスを展開

  10. 【ICTが変える高齢化社会:1】広がる医療・介護の市場

アクセスランキングをもっと見る

page top