国交省が指名停止期間中の工事下請禁止ルール解釈を明確化、元請への資材販売は可能 画像 国交省が指名停止期間中の工事下請禁止ルール解釈を明確化、元請への資材販売は可能

制度・ビジネスチャンス

 国土交通省は、指名停止措置期間中の有資格業者の下請禁止ルールについて、解釈をあらためて明確にし、23日付で官房地方、会計両課名で全8地方整備局と北海道開発局の担当者に通知した。
 指名停止を受けた業者は、工事の元請受注者としてだけでなく、下請として工事を行うことも不適切との趣旨から、「(地方整備局などの)担当官は、指名停止措置期間中の有資格業者が工事の下請負人となることを承認してはならない」としているが、資材の販売については、建設業法上の「建設工事」には当たらないことから指名停止の効力は及ばず、営業行為は妨げないとしている。
 自治体などで指名停止措置期間中のルールの解釈がまちまちになっている事例が出始めているという。そこで年度開けに発注される工事にも円滑に対応できるよう、同省のルールを再周知した。

国交省/指名停止期間中の工事下請禁止ルール解釈明確化/元請への資材販売は可能

《日刊建設工業新聞》

編集部おすすめの記事

特集

制度・ビジネスチャンス アクセスランキング

  1. ~健康経営が生む新ビジネス:3~オフィス訪問の野菜販売が好調!

    ~健康経営が生む新ビジネス:3~オフィス訪問の野菜販売が好調!

  2. 選挙戦スタート、各党の建設業界の課題への対応は?

    選挙戦スタート、各党の建設業界の課題への対応は?

  3. 豆腐業界が初の定義、大豆10%以上「とうふ」/「品質」明確に安売りを防止

    豆腐業界が初の定義、大豆10%以上「とうふ」/「品質」明確に安売りを防止

  4. ミズノ、作業服事業に本格参入/19年度に25億円目標

  5. 来年の税務処理・確定申告は簡単になる?―― 「弥生」シリーズが証票OCR、クラウドに対応

  6. リニア新幹線南アルプストンネル導水路を建設、全体工程7年想定

  7. 建設進む北海道新幹線、国内最長の陸上トンネル誕生へ!

  8. 環七地下広域調節池の石神井川区間を工事。集中豪雨にも効果を発揮!

  9. 新さっぽろ駅周辺地区開発、大学・ホテル・医療施設も

  10. 新空港線線(蒲蒲線)、先行区間事業費は1260億円

アクセスランキングをもっと見る

page top