国交省が指名停止期間中の工事下請禁止ルール解釈を明確化、元請への資材販売は可能 画像 国交省が指名停止期間中の工事下請禁止ルール解釈を明確化、元請への資材販売は可能

制度・ビジネスチャンス

 国土交通省は、指名停止措置期間中の有資格業者の下請禁止ルールについて、解釈をあらためて明確にし、23日付で官房地方、会計両課名で全8地方整備局と北海道開発局の担当者に通知した。
 指名停止を受けた業者は、工事の元請受注者としてだけでなく、下請として工事を行うことも不適切との趣旨から、「(地方整備局などの)担当官は、指名停止措置期間中の有資格業者が工事の下請負人となることを承認してはならない」としているが、資材の販売については、建設業法上の「建設工事」には当たらないことから指名停止の効力は及ばず、営業行為は妨げないとしている。
 自治体などで指名停止措置期間中のルールの解釈がまちまちになっている事例が出始めているという。そこで年度開けに発注される工事にも円滑に対応できるよう、同省のルールを再周知した。

国交省/指名停止期間中の工事下請禁止ルール解釈明確化/元請への資材販売は可能

《日刊建設工業新聞》

編集部おすすめの記事

特集

制度・ビジネスチャンス アクセスランキング

  1. 【防災という新ビジネス:1】定番商品に再ブレイクのチャンス!

    【防災という新ビジネス:1】定番商品に再ブレイクのチャンス!

  2. 道路舗装大手7社の16年4~9月期決算。増収2社、営業増益2社

    道路舗装大手7社の16年4~9月期決算。増収2社、営業増益2社

  3. 国交省が電気通信工事の国家資格創設へ、技術検定で制度化/30年ぶりの新種目

    国交省が電気通信工事の国家資格創設へ、技術検定で制度化/30年ぶりの新種目

  4. 国交省、登録基幹技能者33資格を主任技術者要件に認定

  5. 「中小企業の《経営論》」第5回:「トップダウン」と「ボトムアップ」のバランスと使い分け

  6. earth music&ecologyが顧客満足1位……その理由は?

  7. 日本空港ビル「羽田空港P4本館駐車場増築/駐車台数を600台増やす

  8. ~2018年展望/自動車業界編~ EVで未曾有の日本6社連合へ

  9. ~あたらしい訪問型ビジネス:1~老人ホームが薬局の“顧客”になる日

  10. 移動するだけがカーシェアじゃない! 新しいクルマの使い方/意識調査

アクセスランキングをもっと見る

page top