岩手県宮古市で中心市街地拠点施設の建設事業。DB方式、交渉権者に鹿島JV 画像 岩手県宮古市で中心市街地拠点施設の建設事業。DB方式、交渉権者に鹿島JV

インバウンド・地域活性

 岩手県宮古市は「中心市街地拠点施設建設事業」の設計・施工者選定に向け、プロポーザルを行った結果、鹿島・日本国土開発・久米設計JVを優先交渉権者に選定した。
 同JVのみが提案を提出していた。最低制限価格は61億5860万円(税込み)。
 工事場所は宮町1ほか。
 業務では、市役所と保健センター、市民交流センター、防災拠点などの複合施設を建設するための実施設計・工事を一括で発注する。
 施設規模はS造6階建て延べ1万4400平方メートル程度を見込む。施設の内訳は、市役所庁舎が延べ約9000平方メートル、保健センターが延べ約950平方メートル、交流施設が延べ約4400平方メートル。
 事業期間は18年7月31日。
 施設の基本設計は久米設計が担当した。
 市は同施設を整備するに当たり、「中心市街地拠点施設建設管理支援業務」を三菱地所設計に委託した。同者は基本設計の検討支援、工事発注手続き、事業管理の支援などを担当している。

岩手県宮古市/中心市街地拠点施設建設事業/DB方式、交渉権者に鹿島JV

《日刊建設工業新聞》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. 横浜スタジアムの増築改修、オリンピックを踏まえ6000席増設へ

    横浜スタジアムの増築改修、オリンピックを踏まえ6000席増設へ

  2. 高い評価の新潟米「新之助」、強気の値段設定はおいくら?

    高い評価の新潟米「新之助」、強気の値段設定はおいくら?

  3. 世界貿易センタービルディングの解体、160メートルは国内最高層!

    世界貿易センタービルディングの解体、160メートルは国内最高層!

  4. 五輪後の建設市場は「減少」か「横ばい」…アナリストに聞く

  5. 【地元から日本を盛り上げるキーパーソン】小さな港町に数万人を集める「大洗ガルパンプロジェクト」(1)

  6. 福岡市の西部市場跡地売却、白十字病院に/フィットネス広場も整備

  7. 岡山駅前再開発、新たなランドマークになるか?

  8. 新たな「フェニックス族」――都市と地方の新たな関係

  9. 栃木県で総合スポーツゾーン新スタジアム、天然芝のサッカー場も

  10. ブランディングに失敗した日本遺産の活かし方

アクセスランキングをもっと見る

page top