佐賀発のプチプチ塩味がする野菜「バラフ」 画像 佐賀発のプチプチ塩味がする野菜「バラフ」

インバウンド・地域活性

 農研堂(佐賀県神埼市、永原辰哉社長、0952・20・1431)は、植物「アイスプラント」の生産や生産技術の研究を手がけている。野菜としての栽培に成功した佐賀大学の技術を事業化するため、2007年に設立した。

 佐賀大のこうした植物に関する研究は長きにわたり、数々の実績を残してきた。その第一人者が、14年に退職するまで同大で研究に携わってきた野瀬昭博さん。85年に土壌からの塩分を吸収するアイスプラントの能力を発見したのに続き、01年には野菜としての可能性を見いだし、06年にスワヒリ語で水晶を意味する「バラフ」の名で生産・販売を始めた。

 ベンチャーで展開する理由は事業における自由度の高さ。大学主導で既存企業と連携した場合、多くの人がかかわり、身動きが取りにくいと判断した。

 国内では「1年間に市場に出回る新種の野菜は1年間で100種類程度。このうち、1年後残っているのは数えるほど」(永原社長)。そこで同社は、小規模でも堅実に経営できるビジネスモデルを目指している。

 野瀬さんはバラフについて「本来は砂漠で生息している植物。日が長い夏場には、すぐに花が咲き成長しない点が課題」と話す。現在、農研堂とはバラフに次ぐ野菜開発にも取り組んでいる。

 近年、食品以外でも活躍する可能性が出てきた。ODM(相手先ブランドでの設計・生産)事業を展開する東洋新薬(福岡市博多区)が、バラフを原料として使い、高い保湿効果などが特徴の化粧品を製品化しており、原料は農研堂が供給している。
《ニュースイッチ by 日刊工業新聞》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. 「高校野球」はなぜ、日本最大の人気コンテンツになりえたのか?

    「高校野球」はなぜ、日本最大の人気コンテンツになりえたのか?

  2. 五輪後の建設市場は「減少」か「横ばい」…アナリストに聞く

    五輪後の建設市場は「減少」か「横ばい」…アナリストに聞く

  3. 「爆買いツアー」終焉で貸切バス需要が急減。バス業界の今後は?

    「爆買いツアー」終焉で貸切バス需要が急減。バス業界の今後は?

  4. 入場者数9年連続増、官民一体で城下町再生…愛知・犬山城

  5. 日本ハムファイターズ新球場のイメージ公表/スタジアム核に複合施設整備

  6. 和歌山市駅前再開発、ホテルや図書館も

  7. 北海道新幹線の工事計画が変更、札幌駅直前までトンネルに

  8. 車のシガーソケットに挿すだけのIoTデバイス…プローブカーから運行管理まで

  9. 「完全個室」超豪華高速バス競争が勃発、各社の戦略は?

  10. 福岡・ホークスタウンモール跡地の開発計画、メインは「MARK IS(マークイズ)」

アクセスランキングをもっと見る

page top