国交省が監理・主任技術者の在籍出向を試行。官公需適格組合に限定、6月1日から 画像 国交省が監理・主任技術者の在籍出向を試行。官公需適格組合に限定、6月1日から

制度・ビジネスチャンス

 国土交通省は、建設業者で組織する官公需適格組合が元請として工事を施工する際に、傘下組合員に所属する技術者が監理技術者や主任技術者として在籍出向することを限定的に認める試行的措置を6月1日から適用する。在籍出向が認められるのは、建設業許可を持つ傘下組合員のうち、経営事項審査を受審しておらず、本店所在地と組合所在地が同一の都道府県内にある場合に限る。
 在籍出向は、組合と要件に該当する組合員でつくる「集団」内でだけ可能。集団が要件に合致していることを同省土地・建設産業局建設業課長が確認し、有効期間1年の「在籍出向可能範囲通知書」の交付を受けなければ、試行措置を取り入れることはできない。
 試行できる工事は、傘下組合員の経営資源(技術者、資金、建設機械、職人)を組合に持ち寄る共同施工方式が対象。監理技術者や主任技術者が在籍出向した場合、集団に属さない傘下組合員を含め、組合との間で下請契約を締結して施工に参加することも認められない。
 試行措置について国交省は、24日付で地方整備局や都道府県の担当部局に取り扱い方法を定めた通知文書を送付した。
 公共工事を施工する官公需適格組合は全国に200ほどある。傘下組合員から監理技術者や主任技術者が転籍出向することは現在も可能だ。

国交省/監理・主任技術者の在籍出向を試行/官公需適格組合に限定、6月1日から適用

《日刊建設工業新聞》

編集部おすすめの記事

特集

制度・ビジネスチャンス アクセスランキング

  1. 宮崎県が防災拠点庁舎を建設。平常時にはイベントに活用

    宮崎県が防災拠点庁舎を建設。平常時にはイベントに活用

  2. 宮崎県/防災拠点庁舎建設3件入札公告/建築はWTO対象

    宮崎県/防災拠点庁舎建設3件入札公告/建築はWTO対象

  3. ■ニュース深堀り!■町工場がよみがえるベンチャーとの連携

    ■ニュース深堀り!■町工場がよみがえるベンチャーとの連携

  4. 建機大手4社の16年4~9月期決算、全社が減収・営業減益

  5. NHK大河「おんな城主 直虎」幻想的なおとぎ話のなかの生々しい経営ドラマ

  6. 【田舎にもっと外貨を!:3】古民家再生はCOOL!

  7. 総務省、日本郵便に要請……マイナンバー通知カードトラブルで

  8. 物流デベロッパー・トップの視点(3):GLP・帖佐義之社長、高級ではなく快適さ追求

  9. ■ニュース深掘り!■ 機能性表示食品制度にビジネスチャンス

  10. 新空港線線(蒲蒲線)、先行区間事業費は1260億円

アクセスランキングをもっと見る

page top