国交省が監理・主任技術者の在籍出向を試行。官公需適格組合に限定、6月1日から 画像 国交省が監理・主任技術者の在籍出向を試行。官公需適格組合に限定、6月1日から

制度・ビジネスチャンス

 国土交通省は、建設業者で組織する官公需適格組合が元請として工事を施工する際に、傘下組合員に所属する技術者が監理技術者や主任技術者として在籍出向することを限定的に認める試行的措置を6月1日から適用する。在籍出向が認められるのは、建設業許可を持つ傘下組合員のうち、経営事項審査を受審しておらず、本店所在地と組合所在地が同一の都道府県内にある場合に限る。
 在籍出向は、組合と要件に該当する組合員でつくる「集団」内でだけ可能。集団が要件に合致していることを同省土地・建設産業局建設業課長が確認し、有効期間1年の「在籍出向可能範囲通知書」の交付を受けなければ、試行措置を取り入れることはできない。
 試行できる工事は、傘下組合員の経営資源(技術者、資金、建設機械、職人)を組合に持ち寄る共同施工方式が対象。監理技術者や主任技術者が在籍出向した場合、集団に属さない傘下組合員を含め、組合との間で下請契約を締結して施工に参加することも認められない。
 試行措置について国交省は、24日付で地方整備局や都道府県の担当部局に取り扱い方法を定めた通知文書を送付した。
 公共工事を施工する官公需適格組合は全国に200ほどある。傘下組合員から監理技術者や主任技術者が転籍出向することは現在も可能だ。

国交省/監理・主任技術者の在籍出向を試行/官公需適格組合に限定、6月1日から適用

《日刊建設工業新聞》

編集部おすすめの記事

特集

制度・ビジネスチャンス アクセスランキング

  1. お客さまとの距離が近い!年賀はがきのDMが支持される意外な理由

    お客さまとの距離が近い!年賀はがきのDMが支持される意外な理由

  2. 設備工事上場大手10社の16年4~6月期決算、受注高が増加傾向

    設備工事上場大手10社の16年4~6月期決算、受注高が増加傾向

  3. 「中小企業の《経営論》」第17回:社員が辞めていってしまう社長が一生懸命に変えたこと

    「中小企業の《経営論》」第17回:社員が辞めていってしまう社長が一生懸命に変えたこと

  4. なぜスーパーホテルは2度も「日本経営品質賞」を受賞できたのか? その秘密を探る

  5. 「中小企業の《経営論》」第5回:「トップダウン」と「ボトムアップ」のバランスと使い分け

  6. 中堅企業の33%「兼業・副業OK」 大企業より柔軟/アメリカン・エキスプレス・インターナショナル調査

  7. これ以上の時間の浪費は許されない/JR北海道再生推進会議が「最後通牒」的声明

  8. 農業や農産物のPR手法、おしゃれに進化!/スペシャリストが活躍

  9. 三井不動産が大規模物流施設事業を加速/年間400億円投資

  10. 今年の一皿は「鶏むね肉料理」、準大賞は?

アクセスランキングをもっと見る

page top