国交省が監理・主任技術者の在籍出向を試行。官公需適格組合に限定、6月1日から 画像 国交省が監理・主任技術者の在籍出向を試行。官公需適格組合に限定、6月1日から

制度・ビジネスチャンス

 国土交通省は、建設業者で組織する官公需適格組合が元請として工事を施工する際に、傘下組合員に所属する技術者が監理技術者や主任技術者として在籍出向することを限定的に認める試行的措置を6月1日から適用する。在籍出向が認められるのは、建設業許可を持つ傘下組合員のうち、経営事項審査を受審しておらず、本店所在地と組合所在地が同一の都道府県内にある場合に限る。
 在籍出向は、組合と要件に該当する組合員でつくる「集団」内でだけ可能。集団が要件に合致していることを同省土地・建設産業局建設業課長が確認し、有効期間1年の「在籍出向可能範囲通知書」の交付を受けなければ、試行措置を取り入れることはできない。
 試行できる工事は、傘下組合員の経営資源(技術者、資金、建設機械、職人)を組合に持ち寄る共同施工方式が対象。監理技術者や主任技術者が在籍出向した場合、集団に属さない傘下組合員を含め、組合との間で下請契約を締結して施工に参加することも認められない。
 試行措置について国交省は、24日付で地方整備局や都道府県の担当部局に取り扱い方法を定めた通知文書を送付した。
 公共工事を施工する官公需適格組合は全国に200ほどある。傘下組合員から監理技術者や主任技術者が転籍出向することは現在も可能だ。

国交省/監理・主任技術者の在籍出向を試行/官公需適格組合に限定、6月1日から適用

《日刊建設工業新聞》

編集部おすすめの記事

特集

制度・ビジネスチャンス アクセスランキング

  1. 国内建設市場は19年にピーク? 建設関連100社アンケート

    国内建設市場は19年にピーク? 建設関連100社アンケート

  2. 道路舗装大手7社の16年4~9月期決算。増収2社、営業増益2社

    道路舗装大手7社の16年4~9月期決算。増収2社、営業増益2社

  3. 東京五輪「カヌー・スラローム会場整備」のWTO入札公告へ

    東京五輪「カヌー・スラローム会場整備」のWTO入札公告へ

  4. 宮崎県/防災拠点庁舎建設3件入札公告/建築はWTO対象

  5. ■ニュース深堀り!■成功する空き家と古民家の再利用ビジネス

  6. ESRが市川市に東京湾岸地域で最大規模の物流施設。投資額800億円

  7. 主要ゼネコン26社/17年3月期決算/最高益更新相次ぐ、全社が増収見込む

  8. 国交省が公共建築積算一般管理費率を見直し。中規模で予定価格2.6%上昇

  9. マイナンバーを確実に破棄、世界最小細断シュレッダー「極美」シリーズ

  10. 原稿料、講演料、コンサル報酬など支払うとマイナンバーが必要?

アクセスランキングをもっと見る

page top