JXエネルギー、茨城県初の水素ステーションをつくば市に開所…全国35か所目 画像 JXエネルギー、茨城県初の水素ステーションをつくば市に開所…全国35か所目

制度・ビジネスチャンス

JXエネルギーは3月25日、茨城県とつくば市の協力を得て、茨城県初となる水素ステーション「つくば春日水素ステーション」(移動式)を開所し、水素の販売を開始したと発表した。

同社は、次世代自動車振興センター「燃料電池自動車用水素供給設備設置補助事業」の採択を受けて、四大都市圏に約40か所の商用水素ステーションの開所に向けた準備を進めている。今回開所したつくば春日水素ステーションを含め、同社の開所済みの水素ステーションは合計35か所となった。

なおつくば春日水素ステーションは移動式で、水曜日・金曜日の12時から14時のみの営業となる。
《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめの記事

特集

制度・ビジネスチャンス アクセスランキング

  1. 群馬県川場村の木質バイオマス発電施設完成、地域資源で地場産業創出

    群馬県川場村の木質バイオマス発電施設完成、地域資源で地場産業創出

  2. 【防災という新ビジネス:1】定番商品に再ブレイクのチャンス!

    【防災という新ビジネス:1】定番商品に再ブレイクのチャンス!

  3. 日清食品が滋賀県栗東市に新工場、50%以上の省人化でコスト削減

    日清食品が滋賀県栗東市に新工場、50%以上の省人化でコスト削減

  4. 【防災という新ビジネス:2】非常食はパッケージでアピール!

  5. 主要ゼネコン26社/17年3月期決算/最高益更新相次ぐ、全社が増収見込む

  6. 野村不動産、東芝青梅事業所跡開発/売却額は100億円

  7. 「建設産業政策2017+10」着々と具体化、10年後の建設業はどう変わる?

  8. 成功する新業態:01|月2000円で飲み放題のコーヒースタンド

  9. ■ニュース深堀り!■コンパクトシティー、地元企業に商機は?

  10. 葬儀件数増も規模は縮小、葬祭ビジネス市場はどうなる?

アクセスランキングをもっと見る

page top