サミットをチャンスに! 三重県・アンテナショップの挑戦 画像 サミットをチャンスに! 三重県・アンテナショップの挑戦

インバウンド・地域活性

 2015年6月5日、安部首相が伊勢志摩サミットの開催を発表。その第一報に沸き立つ三重県県庁で、三重県雇用経済部に所属する安保雅司氏は急ぎの電話をかけていた。相手は東京・日本橋にあるアンテナショップ「三重テラス」。サミット開催のニュースをいち早く伝えたい、その思いからの行動だった。

 それから、わずか数日の間に三重テラスはマスコミから注目を集め、多くの人で賑わうことになる。仕掛け人は首都圏営業拠点運営総括監として東京に駐在する安保氏。サミット開催決定から数日の間に一体何があったのか、話を聞いてみた。

■初動の速さでチャンスをつかむ

 三重テラスは日本橋三越にほど近い好立地で、観光客はもちろん、地元の老夫婦やオフィス街に勤めるビジネスマンなどが集まるスポット。扱う品物は土地のものが中心で、「松坂牛ローストビーフ」や「伊勢うどん」、「なが餅」などが人気だ。

 その他にも伊勢海老や真珠、伊賀忍者といったキラりと光る観光資源を抱える三重県。ただ、その一方で県に対する印象の薄さが、三重テラスをはじめ多くの県民にとっての悩みだという。現在、三重県が行っている観光キャンペーンも、名前は「実はそれ、ぜんぶ三重なんです!」。観光資源をいかに三重の物だと分かってもらうための取り組みだ。

「三重県というのは透明なビニール袋のようなものなんです。松坂牛や伊勢海老が注目されても、三重県そのものに存在感がない。売り場でサミットに関する展示をしても、『伊勢志摩って三重だったんだ』という声を聞きました」

 だからこそ、サミットの開催は三重をPRする上で、絶好の機会になると安保氏は考えていた。開催発表は金曜日に行われたが、その日のうちに三重テラスのスタッフに、キャンペーンの開催を打診。準備できたのは簡単なノベルティだったが、それを職員が週末を丸ごと使って用意した。台紙をノベルティと一緒に袋に入れて、その上からサミット開催を告げるシールを貼って……。月曜日にはプレスリリースとともに、何とか2014個のノベルティが準備できた。

《丸田鉄平/HANJO HANJO編集部》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. ブランディングに失敗した日本遺産の活かし方

    ブランディングに失敗した日本遺産の活かし方

  2. バスツアーも「超豪華バス」の波。高速バスとの違いは?

    バスツアーも「超豪華バス」の波。高速バスとの違いは?

  3. 「高校野球」はなぜ、日本最大の人気コンテンツになりえたのか?

    「高校野球」はなぜ、日本最大の人気コンテンツになりえたのか?

  4. 官民連携で「国際クルーズ」拠点を整備、選ばれた6つの港とは?

  5. 名古屋城天守閣、木造復元できるのは世界でこの城だけ!

  6. 【着地型観光:5】増えるインバウンド、見えてきた成功の法則

  7. 地域創生におけるファシリテーターの役割とは? (前編)

  8. 富裕層インバウンドの法則その8

  9. 横浜市市庁舎移転新築が起工、デザイン監修は槇文彦氏

  10. 名古屋城天守木造計画、寸分違わず復元できる世界で唯一の城!

アクセスランキングをもっと見る

page top