東京メトロが駅周辺開発の提案公募、駅接続を事前協議。初弾は茅場町駅と赤坂駅 画像 東京メトロが駅周辺開発の提案公募、駅接続を事前協議。初弾は茅場町駅と赤坂駅

制度・ビジネスチャンス

 東京メトロは、地下鉄駅の出入り口の整備に当たり、駅周辺で建物の建て替えや再開発を検討している民間事業者と連携する新たな取り組みを始める。民間事業者から駅との接続を前提とした開発計画を公募する「駅周辺開発における公募型連携プロジェクト」を立ち上げた。初弾として日比谷線茅場町駅(東京都中央区)と千代田線赤坂駅(港区)を対象に開発計画の提案を受け付ける。このプロジェクトを通じ、駅のバリアフリー設備の整備を進める考えだ。
 今回、開発計画の募集を開始すると発表したのは、茅場町駅の北千住方面ホーム側にある2番出入り口付近(中央区日本橋茅場町2)と、赤坂駅の6番出入り口付近(港区赤坂6)と7番出入り口付近(赤坂5)の計3カ所。
 募集期間は4月1日から5年間。提案者の条件は、募集対象エリア内に土地を所有(または借地)していたり、建物を所有していたりする事業者やビルオーナー。土地・建物の所有者から委託を受けた事業者も対象となる。
 応募に当たっては、担当部署のまちづくり連携プロジェクトチーム(電話03・3837・7526、03・3837・7119)で相談を受け付ける。
 東京メトロは、駅とその周辺のビルが接続されることで鉄道利用者の利便性が向上するとともに、民間事業者からの提案を基に開発計画の事前協議・調整を進めることで、開発後のビルの価値向上や周辺一帯の街の発展につながるとみている。
 従来、エレベーターやエスカレーターなどのバリアフリー設備を整備するためには、駅周辺用地の取得が必要で、そのために時間を要することが多かった。用地を取得できたとしても、駅周辺の街の発展につながる施設整備につながらない場合もある。駅周辺の開発事業者と連携することで、それらの課題の解決を目指す。

東京メトロ/駅周辺開発の提案公募、駅接続を事前協議/初弾は茅場町駅と赤坂駅

《日刊建設工業新聞》

編集部おすすめの記事

特集

制度・ビジネスチャンス アクセスランキング

  1. 環七地下広域調節池の石神井川区間を工事。集中豪雨にも効果を発揮!

    環七地下広域調節池の石神井川区間を工事。集中豪雨にも効果を発揮!

  2. 主要ゼネコン26社/17年3月期決算/最高益更新相次ぐ、全社が増収見込む

    主要ゼネコン26社/17年3月期決算/最高益更新相次ぐ、全社が増収見込む

  3. ボッシュ、電動アシスト自転車で日本市場に参入/拡大する日本の電動自転車市場

    ボッシュ、電動アシスト自転車で日本市場に参入/拡大する日本の電動自転車市場

  4. 野村不動産、東芝青梅事業所跡開発/売却額は100億円

  5. リニア新幹線ガイドウェイ側壁製作工3件発注へ/関東、山梨、愛知

  6. 四国横断道吉野川大橋、延長1696.5メートル

  7. 鳥取県、県内就職学生らに奨学金返還助成

  8. 愛知県・廃止の新交通システム桃花台線、高架構造物撤去を開始

  9. 東京都、豊洲移転・築地再開発で影響配慮に腐心/近隣施設で事業者撤退の恐れ

  10. 新さっぽろ駅周辺地区開発、大学・ホテル・医療施設も

アクセスランキングをもっと見る

page top