東京メトロが駅周辺開発の提案公募、駅接続を事前協議。初弾は茅場町駅と赤坂駅 画像 東京メトロが駅周辺開発の提案公募、駅接続を事前協議。初弾は茅場町駅と赤坂駅

制度・ビジネスチャンス

 東京メトロは、地下鉄駅の出入り口の整備に当たり、駅周辺で建物の建て替えや再開発を検討している民間事業者と連携する新たな取り組みを始める。民間事業者から駅との接続を前提とした開発計画を公募する「駅周辺開発における公募型連携プロジェクト」を立ち上げた。初弾として日比谷線茅場町駅(東京都中央区)と千代田線赤坂駅(港区)を対象に開発計画の提案を受け付ける。このプロジェクトを通じ、駅のバリアフリー設備の整備を進める考えだ。
 今回、開発計画の募集を開始すると発表したのは、茅場町駅の北千住方面ホーム側にある2番出入り口付近(中央区日本橋茅場町2)と、赤坂駅の6番出入り口付近(港区赤坂6)と7番出入り口付近(赤坂5)の計3カ所。
 募集期間は4月1日から5年間。提案者の条件は、募集対象エリア内に土地を所有(または借地)していたり、建物を所有していたりする事業者やビルオーナー。土地・建物の所有者から委託を受けた事業者も対象となる。
 応募に当たっては、担当部署のまちづくり連携プロジェクトチーム(電話03・3837・7526、03・3837・7119)で相談を受け付ける。
 東京メトロは、駅とその周辺のビルが接続されることで鉄道利用者の利便性が向上するとともに、民間事業者からの提案を基に開発計画の事前協議・調整を進めることで、開発後のビルの価値向上や周辺一帯の街の発展につながるとみている。
 従来、エレベーターやエスカレーターなどのバリアフリー設備を整備するためには、駅周辺用地の取得が必要で、そのために時間を要することが多かった。用地を取得できたとしても、駅周辺の街の発展につながる施設整備につながらない場合もある。駅周辺の開発事業者と連携することで、それらの課題の解決を目指す。

東京メトロ/駅周辺開発の提案公募、駅接続を事前協議/初弾は茅場町駅と赤坂駅

《日刊建設工業新聞》

編集部おすすめの記事

特集

制度・ビジネスチャンス アクセスランキング

  1. 環七地下広域調節池の石神井川区間を工事。集中豪雨にも効果を発揮!

    環七地下広域調節池の石神井川区間を工事。集中豪雨にも効果を発揮!

  2. 野村不動産、東芝青梅事業所跡開発/売却額は100億円

    野村不動産、東芝青梅事業所跡開発/売却額は100億円

  3. 【対談】TPPで変わる著作権、アニメや漫画の現場はどう変わる?

    【対談】TPPで変わる著作権、アニメや漫画の現場はどう変わる?

  4. ~外国人技能実習生:3~中国とベトナムの実習生最新事情

  5. 「中小企業の《経営論》」第5回:「トップダウン」と「ボトムアップ」のバランスと使い分け

  6. 【防災という新ビジネス:1】定番商品に再ブレイクのチャンス!

  7. 新しい「霞が関の顔」、官僚人事でサプライズは?

  8. 「舗装診断士」資格、大臣認定の取得へ

  9. 観葉植物のトレンドはサボテン! 予算は1000~3000円

  10. 選挙戦スタート、各党の建設業界の課題への対応は?

アクセスランキングをもっと見る

page top