土木学会の17年度会長に大石久和氏内定、6月総会で正式決定 画像 土木学会の17年度会長に大石久和氏内定、6月総会で正式決定

人材

 土木学会の第105代会長に、元国土交通技監で国土技術研究センター国土政策研究所長の大石久和氏が就任することが内定した。
 第104代会長となる16年度の鹿島の田代民治代表取締役兼副社長執行役員の後を引き継ぎ、17年度の会長となる。6月10日開催予定の総会で正式決定する。
 大石 久和氏(おおいし・ひさかず)70年京大大学院修了、建設省(現国土交通省)入省。国交省道路局長を経て02年に技監。04年7月に退任し、国土技術研究センター理事長に就任。13年から国土技術研究センター国土政策研究所長。兵庫県出身、70歳。

土木学会/17年度会長に大石久和氏内定/6月総会で正式決定

《日刊建設工業新聞》

編集部おすすめの記事

特集

人材 アクセスランキング

  1. ゼネコン大手5社、下請け業者の社保加入促進に本腰

    ゼネコン大手5社、下請け業者の社保加入促進に本腰

  2. 農村の女性起業、法人化やインターネット販売が増える

    農村の女性起業、法人化やインターネット販売が増える

  3. 船内体験が新入社員を強くする!いま企業が注目する「セイルトレーニング」

    船内体験が新入社員を強くする!いま企業が注目する「セイルトレーニング」

  4. 建設コンサル大手14社/18年春採用は新卒、中途とも横ばい/19年春は9社が増員

  5. 建コン協ら3団体、担い手確保へ技術者単価引き上げを、国交副大臣に要望

アクセスランキングをもっと見る

page top