土木学会の17年度会長に大石久和氏内定、6月総会で正式決定 画像 土木学会の17年度会長に大石久和氏内定、6月総会で正式決定

人材

 土木学会の第105代会長に、元国土交通技監で国土技術研究センター国土政策研究所長の大石久和氏が就任することが内定した。
 第104代会長となる16年度の鹿島の田代民治代表取締役兼副社長執行役員の後を引き継ぎ、17年度の会長となる。6月10日開催予定の総会で正式決定する。
 大石 久和氏(おおいし・ひさかず)70年京大大学院修了、建設省(現国土交通省)入省。国交省道路局長を経て02年に技監。04年7月に退任し、国土技術研究センター理事長に就任。13年から国土技術研究センター国土政策研究所長。兵庫県出身、70歳。

土木学会/17年度会長に大石久和氏内定/6月総会で正式決定

《日刊建設工業新聞》

編集部おすすめの記事

特集

人材 アクセスランキング

  1. 旅館業の人材不足をどう解決すればいいのか?(第1回 状況編)

    旅館業の人材不足をどう解決すればいいのか?(第1回 状況編)

  2. 映画「HiGH&LOW THE MOVIE 3」にフロンティアスピリットを見る

    映画「HiGH&LOW THE MOVIE 3」にフロンティアスピリットを見る

  3. ゼネコン大手5社、下請け業者の社保加入促進に本腰

    ゼネコン大手5社、下請け業者の社保加入促進に本腰

  4. 「タニタ効果」で7kgの減量成功者も、東京・板橋区の健康づくり

  5. 「中小企業の《経営論》」第10回:「社長は孤独」と自分でいう社長に感じる違和感

  6. 米袋がリサイクルで素敵なバッグに!/コンドワバッグ

  7. 健康経営が企業価値を高める!メガネのオンデーズが社員にがん検診を義務化

  8. ~社歌コン 応募社の横顔:5~朝礼を変えたラップ社歌-岡山のOA販売

  9. 国交省・平田研土地・建設産業局建設業課長/政策会議の提言、スピード感持ち具体化

  10. 自民議連、地域経済を支える建設技能者の支援強化で決議採択

アクセスランキングをもっと見る

page top