土木学会の17年度会長に大石久和氏内定、6月総会で正式決定 画像 土木学会の17年度会長に大石久和氏内定、6月総会で正式決定

人材

 土木学会の第105代会長に、元国土交通技監で国土技術研究センター国土政策研究所長の大石久和氏が就任することが内定した。
 第104代会長となる16年度の鹿島の田代民治代表取締役兼副社長執行役員の後を引き継ぎ、17年度の会長となる。6月10日開催予定の総会で正式決定する。
 大石 久和氏(おおいし・ひさかず)70年京大大学院修了、建設省(現国土交通省)入省。国交省道路局長を経て02年に技監。04年7月に退任し、国土技術研究センター理事長に就任。13年から国土技術研究センター国土政策研究所長。兵庫県出身、70歳。

土木学会/17年度会長に大石久和氏内定/6月総会で正式決定

《日刊建設工業新聞》

編集部おすすめの記事

特集

人材 アクセスランキング

  1. カリスマ社長の奥様、会ってみたいその魅力!/Vol.1嶋田奈生子さん(東京 島田商店)

    カリスマ社長の奥様、会ってみたいその魅力!/Vol.1嶋田奈生子さん(東京 島田商店)

  2. ~サテライトオフィスの利点:3~働き方改革をこの場所でトライする!

    ~サテライトオフィスの利点:3~働き方改革をこの場所でトライする!

  3. 建設現場の週休2日、労組も活動強化/土曜を当たり前に休もう!

    建設現場の週休2日、労組も活動強化/土曜を当たり前に休もう!

  4. 国交省が4月から社保未加入の2次以下下請も排除、指導の猶予期間設定

  5. ゼネコン大手5社、下請け業者の社保加入促進に本腰

  6. 看護職の魅力伝える 看護師が高校で出前授業

  7. ~HANJO女子~1級建築士にも挑戦したい/長谷工コーポ 足立佳葉さん

  8. 1人採用で36万円、完全成果報酬制の「新卒紹介サービス」登場

  9. 国交省、建設マスターの受賞者406人を決定

  10. 脱・ブラック企業!「ホワイト企業化」促進サービスが登場

アクセスランキングをもっと見る

page top