土木学会の17年度会長に大石久和氏内定、6月総会で正式決定 画像 土木学会の17年度会長に大石久和氏内定、6月総会で正式決定

人材

 土木学会の第105代会長に、元国土交通技監で国土技術研究センター国土政策研究所長の大石久和氏が就任することが内定した。
 第104代会長となる16年度の鹿島の田代民治代表取締役兼副社長執行役員の後を引き継ぎ、17年度の会長となる。6月10日開催予定の総会で正式決定する。
 大石 久和氏(おおいし・ひさかず)70年京大大学院修了、建設省(現国土交通省)入省。国交省道路局長を経て02年に技監。04年7月に退任し、国土技術研究センター理事長に就任。13年から国土技術研究センター国土政策研究所長。兵庫県出身、70歳。

土木学会/17年度会長に大石久和氏内定/6月総会で正式決定

《日刊建設工業新聞》

編集部おすすめの記事

特集

人材 アクセスランキング

  1. ゼネコン大手5社、下請け業者の社保加入促進に本腰

    ゼネコン大手5社、下請け業者の社保加入促進に本腰

  2. 事業承継と親族後継者の「学び」

    事業承継と親族後継者の「学び」

  3. 国交省が4月から社保未加入の2次以下下請も排除、指導の猶予期間設定

    国交省が4月から社保未加入の2次以下下請も排除、指導の猶予期間設定

  4. 社歌コンテスト大賞授賞式、AKB48 Team 8が会いに来た!

  5. 船内体験が新入社員を強くする!いま企業が注目する「セイルトレーニング」

  6. 建設キャリアアップシステム、誰のためのものなのか?

  7. 日建連が長時間労働是正へ支援要請。国交相と意見交換、週休2日に理解促進を

  8. ドラマ『火花』(又吉直樹)に会社員の人間関係を見る

  9. 【地元から日本を盛り上げるキーパーソン】普通の主婦から社長に――ダイヤ精機の改革と人材育成の極意に学ぶ(1)

  10. 社歌コンテスト、大賞発表! 激戦を勝ち抜いたのはこの動画!!

アクセスランキングをもっと見る

page top