土木学会の17年度会長に大石久和氏内定、6月総会で正式決定 画像 土木学会の17年度会長に大石久和氏内定、6月総会で正式決定

人材

 土木学会の第105代会長に、元国土交通技監で国土技術研究センター国土政策研究所長の大石久和氏が就任することが内定した。
 第104代会長となる16年度の鹿島の田代民治代表取締役兼副社長執行役員の後を引き継ぎ、17年度の会長となる。6月10日開催予定の総会で正式決定する。
 大石 久和氏(おおいし・ひさかず)70年京大大学院修了、建設省(現国土交通省)入省。国交省道路局長を経て02年に技監。04年7月に退任し、国土技術研究センター理事長に就任。13年から国土技術研究センター国土政策研究所長。兵庫県出身、70歳。

土木学会/17年度会長に大石久和氏内定/6月総会で正式決定

《日刊建設工業新聞》

編集部おすすめの記事

特集

人材 アクセスランキング

  1. ドラマ「ゆとりですがなにか 純米吟醸純情編」骨太に描かれる若者の“労働観”

    ドラマ「ゆとりですがなにか 純米吟醸純情編」骨太に描かれる若者の“労働観”

  2. 公共工事の完全週休2日、なぜ難しい? 受発注者の見解は

    公共工事の完全週休2日、なぜ難しい? 受発注者の見解は

  3. 建設現場の「快適トイレ」導入推進へ。臭い対策も

    建設現場の「快適トイレ」導入推進へ。臭い対策も

  4. 石井啓一国交相、建設業の長時間労働の是正推進/厚労省の官民協議会も対応要請

  5. 人事担当者は必見! 来年度の就活学生の傾向は○○重視!?

  6. 三代目社長のHANJO記:第3話――職人バカになるな! 客にとっての便利を考える/矢場とん

  7. 中小企業に熱視線!? 識者がミドル層の中小企業への転職を推奨

  8. 国交省の毛利信二事務次官が就任会見/働き方改革、担い手の確保や生産性向上を

  9. あなたの会社は大丈夫?従業員30人未満の企業に多い労働相談

  10. ロバート・デ・ニーロの“老人力”に学ぶ、高齢者雇用/HR EXPO

アクセスランキングをもっと見る

page top