あごの骨、手術せずに注射で増やす 画像 あごの骨、手術せずに注射で増やす

IT業務効率

 東京医科歯科大学大学院医歯学総合研究科の青木和広准教授らは、手術をせずに薬を口の中に注射してあごの骨を増やす手法をマウスで開発した。あごの骨が足りずに人工歯根を植えられないような場合、現在は人工材料を埋め込んだり、自分の骨を他の部位から移植したりする手術が必要になる。注射だけで骨を増やせるようになれば患者の体にかかる負担を軽減できる。

 京都大学再生医科学研究所、米シーダーズ・サイナイ研究所との共同研究。今後ウサギやイヌなどの大型動物で同手法を試すとともに、製薬会社などと連携し10年以内に臨床研究の実施を目指す。

 注射した薬剤は、骨の形成を促すたんぱく質「BMP―2」と、アミノ酸11個が塊となったペプチド「OP3―4」の2種類を組み合わせた。BMP―2はすでに米国で一部実用化されているが、歯肉が腫れるなどの副作用が指摘されている。実験ではBMP―2の使用量を抑えるため、同様に骨の形成を促進する効果のあるOP3―4を併用した。

 注射した場所に薬が長く留まるように、直径約20マイクロメートル(マイクロは100万分の1)のゲル状の粒子にBMP―2とOP3―4を結合させ、マウスの上あごに注射した。注射から4週間後の骨の造成を観察したところ、BMP―2だけを使った場合と比べ、OP3―4を併用した場合は新しい骨の量が2倍以上に増えた。

 成果は22日、国際学術誌ジャーナル・オブ・デンタル・リサーチ電子版に掲載された。
《ニュースイッチ by 日刊工業新聞》

編集部おすすめの記事

特集

IT業務効率 アクセスランキング

  1. サービス産業の「生産性向上」はいかにして達成できるのか?:3

    サービス産業の「生産性向上」はいかにして達成できるのか?:3

  2. ~スマート林業:5~ヒノキの間伐材で畳に付加価値をつける

    ~スマート林業:5~ヒノキの間伐材で畳に付加価値をつける

  3. 富士電機の”ヒータ電力を使わない自販機”はどうやって誕生したか

    富士電機の”ヒータ電力を使わない自販機”はどうやって誕生したか

  4. NEDOや清水建設ら、米国でZEB実証試験。省・創エネ技術導入で消費電力半減が目標

  5. タブレットで重機を自動運転させるシステム――建設業の技術人材不足補う狙い

  6. マイナス30度から70度で動作するFAコンピュータ――Interface

  7. 電波はきているが電源がない……無電化地域向け小型蓄電システム

  8. サービス業のIT利用最前線!1  老舗旅館がタブレットで変革

  9. シャープの食材宅配サービス「ヘルシオデリ」/AIoTで有名シェフの料理も自動調理

  10. 東京駅日本橋口前・日本ビルの部分解体工事を公開

アクセスランキングをもっと見る

page top