2020年のEV・PHV国内保有台数、目標は100万台…経産省 ロードマップ 画像 2020年のEV・PHV国内保有台数、目標は100万台…経産省 ロードマップ

制度・ビジネスチャンス

EV・PHVロードマップ検討会は3月23日、電気自動車(EV)やプラグインハイブリッド自動車(PHV)の普及に向けた検討結果をとりまとめた「EV・PHVロードマップ」を公表した。

経済産業省では、幅広い関係者で構成するEV・PHVロードマップ検討会を設置し、次世代自動車のうち、FCVとともにCO2排出削減効果が高く、災害対応等の新たな価値も期待できるEV・PHVについて、今後5年(~2020年)に必要となる戦略を検討してきた。

今回公表したロードマップでは、2020年のEV・PHVの普及台数を最大で100万台とすることを新たに目標として設定。公共用充電器のうち、電欠回避を目的とする経路充電については、道の駅や高速道路のSA・PA等の分かりやすい場所に計画的に設置する最適配置の考え方を徹底。都道府県の充電器整備計画を改めて見直すことも必要だとした。

EV・PHV所有者の自宅等の充電を担う基礎充電については、共同住宅への設置がEV・PHVの潜在市場の掘り起こしに向けて重要だとし、居住者の合意形成に必要な情報を「ガイドブック」として整理するとともに、関係者が幅広く連携する推進母体の立ち上げも検討して取組を強化すべきだとしている。
《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめの記事

特集

制度・ビジネスチャンス アクセスランキング

  1. 主要ゼネコン26社/17年3月期決算/最高益更新相次ぐ、全社が増収見込む

    主要ゼネコン26社/17年3月期決算/最高益更新相次ぐ、全社が増収見込む

  2. 週休2日、5年で定着めざす! 日建連の働き方改革

    週休2日、5年で定着めざす! 日建連の働き方改革

  3. 【海外進出を支援する:4】商品力×補助金がうんだ世界人脈

    【海外進出を支援する:4】商品力×補助金がうんだ世界人脈

  4. リニア新幹線南アルプストンネル導水路を建設、全体工程7年想定

  5. HJHJアーカイブス:06「高校野球はなぜ人を感動させるのか?」

  6. 新さっぽろ駅周辺地区開発、大学・ホテル・医療施設も

  7. ヤマト運輸が全但バスと「客貨混載」を開始、物流効率化と過疎化のバス路線網維持

  8. 東京五輪特需も期待大…いま「ネジ業界」が面白い!

  9. 国交省が道路橋技術基準改定へ。耐久目標100年規定、長寿命化へ部分係数法を導入

  10. 東京五輪「カヌー・スラローム会場整備」のWTO入札公告へ

アクセスランキングをもっと見る

page top