2016年の新入社員のタイプは「ドローン型」 画像 2016年の新入社員のタイプは「ドローン型」

人材

 毎年行われている「今年の新入社員は○○型」という発表。その前年度に流行ったものをイメージで当てはめるものが多く、過去には「形態安定シャツ型」(平成11年)、「ネットオークション型」(同16年)、「カーリング型」(同20年)などが登場している。

 ちょっとしたオヤジジョークという感じで、なんとも苦しいこじつけもあるが、じつは意外とマジメに考案されているという。発表を行っているのは、公益財団法人 日本生産性本部で、若年者の就労支援や教育の専門家などで構成されている「職業のあり方研究会」によるとのこと。

 そんな公益財団法人 日本生産性本部による「平成28年度 新入社員の特徴」が今年も発表された。それによると、2016年の新入社員のタイプは「ドローン型」だった。

 「ドローン型」がどんなタイプかというと、以下のように説明されている。

---
 強い風(就職活動日程や経済状況などのめまぐるしい変化)にあおられたが、なんとか自律飛行を保ち、目標地点に着地(希望の内定を確保)できた者が多かった。さらなる技術革新(スキルアップ)によって、様々な場面での貢献が期待できる。
---

 そのほかにも「東京オリンピックを迎える頃には情報収集、映像制作、警備、輸送など様々な場面で活用が見込まれる」という説明や、「使用者(上司や先輩)の操縦ミスや使用法の誤りによって、 機体を傷つけてしまったり、紛失(早期離職)の恐れもある」という指摘も。

 個人的には、人間をモノに当てはめるのは、どうも違和感があり、ドローン扱いされる新入社員が気の毒ではある。また今年度は就職活動のスケジュールが変更され、企業・学生ともに、通常以上に苦労が多かったという話も聞く。新入社員のみなさんには、4月より充実した社会人生活が送れることを願ってやまない。
《冨岡晶》

編集部おすすめの記事

特集

人材 アクセスランキング

  1. スマホでいつでもどこでもできる「U・Iターン」とは?

    スマホでいつでもどこでもできる「U・Iターン」とは?

  2. 国交省が4月から社保未加入の2次以下下請も排除、指導の猶予期間設定

    国交省が4月から社保未加入の2次以下下請も排除、指導の猶予期間設定

  3. ~社内コミュニケーションの秘訣~初めは遊びでも出口が仕事につながればいい/BFT

    ~社内コミュニケーションの秘訣~初めは遊びでも出口が仕事につながればいい/BFT

  4. 中小企業は「ストレスチェック制度」にどう対応し、活用していくべきか?

  5. ドラマ「ゆとりですがなにか 純米吟醸純情編」骨太に描かれる若者の“労働観”

  6. ゼネコン大手5社、下請け業者の社保加入促進に本腰

  7. ゼネコンの新卒入社の離職率が改善、入社時のミスマッチ防止が奏功

  8. ドラマ『HOPE~期待ゼロの新入社員~』に見る、上司と部下の関係

  9. 迫る中小経営者の大量引退時代、廃業ラッシュは食い止められるか?

  10. 「中小企業の《経営論》」第10回:「社長は孤独」と自分でいう社長に感じる違和感

アクセスランキングをもっと見る

page top