従来よりも的確な現場把握と指示が送れる遠隔作業支援の新技術 画像 従来よりも的確な現場把握と指示が送れる遠隔作業支援の新技術

IT業務効率

 富士通研究所は17日、作業者に対して的確な遠隔支援を行える3次元パノラマ画像とAR技術を組み合わせた新技術を開発した。

 従来、作業者側のカメラ映像をもとに行われていた遠隔支援では、映像のブレや、限られた視野のため現場の状況を掴みにくいという課題があった。しかし同技術では、作業者側が撮影した映像を元に3次元パノラマ合成画面を生成し、AR技術と組み合わせることで全方位の画像を遠隔支援者側に送ることができる。

 遠隔支援者側は、3次元パノラマ合成画像から作業者の位置や向きを把握し、AR情報として的確な指示を作業者側に送ることができ、作業者側もAR情報により、どこをどう作業するかを把握できる。

 同技術を用いることで、作業者は遠隔支援者の的確なサポートを受けることができるため、経験不足の作業者でも作業範囲を拡大できる。また、現場作業が難しくなった熟練者のスキルを有効活用することで、人材活用の自由度も向上する。

 今後は開発した技術を実際の設備点検やメンテナンス現場で検証し、2016年度中の実用化を目指す。また作業現場だけでなく、物流や建設、小売りなどさまざまなシーンにも適用していくという。
《防犯システム取材班/小菅篤》

編集部おすすめの記事

特集

IT業務効率 アクセスランキング

  1. 【中小工場のIoT化最前線:1】見える化で生産性を向上!

    【中小工場のIoT化最前線:1】見える化で生産性を向上!

  2. 大断面山岳トンネル工事、月進270メートル達成!過去最長記録!!

    大断面山岳トンネル工事、月進270メートル達成!過去最長記録!!

  3. ドローンのモーターは中国製ばかり、ツカサ電工が防水・防塵で勝負

    ドローンのモーターは中国製ばかり、ツカサ電工が防水・防塵で勝負

  4. 古河ロックドリルが新型ドリルジャンボを開発。リニア新幹線を視野に、最大出力が25%向上

  5. 【水産流通革命:1】多品種少量ニーズにITで応える

  6. 【中小工場のIoT化最前線:3】稼働状況も職員の体調も見える化!

  7. IoT車載器で事故削減!自動車保険とセットになった新サービス

  8. 【AIで変わる経営:1】分析による裏付け、サイト内の集客増に

  9. ガラスに広告などの映像を投影可能…旭硝子「Glascene」

  10. 食と安全が生んだエームサービスの健康経営

アクセスランキングをもっと見る

page top