インドネシアの政策金利 6.75%に引き下げ 画像 インドネシアの政策金利 6.75%に引き下げ

制度・ビジネスチャンス

利下げは3ヵ月連続
インドネシア中央銀行は3月17日、政策金利を0.25%引き下げ、6.75%とすることを決定した。利下げは3ヵ月連続となる。また、預金ファシリティー金利は4.75%、貸出ファシリティー金利7.25%とすることを決定したが、いずれの金利も0.25%の引き下げとなった。

ブルームバーグが24人のエコノミストに調査したところ、15人が利下げすると予測していたという。

利下げで、国内の景気を刺激へ
政策金利引き下げの背景としては、先日の米連邦公開市場委員会(FOMC)の声明において、世界経済の低迷を理由に米国の利上げについて下方修正するとの見通しを示したことがあげられる。

同銀行は、これまで政策金利を高い水準に維持し、国内からのマネー流出を防いできた。

しかし、先日のFOMCの声明により、マネー流出が今後落ち着くとの見方から、政策金利を引き下げて国内の景気を刺激し、国内の経済をより強化していきたい方針だ。

また、FOMCが声明を発表した後、米ドルは主要通貨に対して下落傾向となっているが、米ドルの下落により、ルピアが値上がりしている。3月17日の時点では1ドルが1万3075ルピアとなっている。
《インドネシアニュース》

編集部おすすめの記事

特集

制度・ビジネスチャンス アクセスランキング

  1. 野村不動産、東芝青梅事業所跡開発/売却額は100億円

    野村不動産、東芝青梅事業所跡開発/売却額は100億円

  2. 羽田連絡橋・新規整備へ。国家戦略特区プロジェクトの一環

    羽田連絡橋・新規整備へ。国家戦略特区プロジェクトの一環

  3. SCなどの商業施設開業動向、17年下期予定は25カ所/リモデルや中小型化にシフト

    SCなどの商業施設開業動向、17年下期予定は25カ所/リモデルや中小型化にシフト

  4. 「中小企業の《経営論》」第17回:社員が辞めていってしまう社長が一生懸命に変えたこと

  5. 日清食品が滋賀県栗東市に新工場、50%以上の省人化でコスト削減

  6. リニア新幹線南アルプストンネル導水路を建設、全体工程7年想定

  7. 納豆市場が急成長! 16年、過去最高の2140億円/「国産使用」後押し

  8. ボートもシェアする時代へ、スポーツ航行や羽田B滑走路直への接近

  9. 【倒産情報】鮮魚・水産物販売の「最上グループ」倒産――負債総額38億以上

  10. 上場ゼネコン大手4社/17年4~6月期決算/3社が受注高3千億円台

アクセスランキングをもっと見る

page top